« 2009年9月29日 | トップページ | 2009年11月30日 »

October 31, 2009

同種と異種

散歩しているときの犬は、他の犬が近くに来ると、寄っていって臭いを嗅いだりする。気を許していると、どちらかが吠えたりするので、リードはしっかりと引っぱっておく必要がある。

犬はなぜ他の犬を見ると寄っていくのだろうか。自分と同じ種類の動物が来たので、一種の親近感からかと思っていたが、よく考えてみると、うちの犬が自分のことを犬だと意識しているという確証はない。現に、鏡に向かわせてみても、何の反応もない。鏡に写っているのが自分であるということはおろか、自分と同じ犬だということも意識に上らないようなのだ。

もしかしたら、うちの犬は自分のことを犬ではないと思っているのかもしれない。それでも公園で他の犬を見ると寄っていくのは、単に「犬好き」なのだからと考えることができる。人間でも「犬好き」な人が犬を見ると寄っていくのと同じである。

すると、自分のことを犬だと思っていない犬が「犬好き」なのは、自分と違ったものを好むからだということになる。必ずしも自分と同種のものを好むからではないのである。

人間の場合、自分と似たものを好むか自分と違ったものを好むかはいちがいに言えない。人間嫌いの犬好きという人もいるだろう。違っているからこそ引き合うのだとも言える。

そこで磁石のことを思い出す。磁石にはN極とS極があり、異なった極どうしが引き合い、同じ極は反発し合う。また、棒磁石を真ん中で切ってもN極だけの磁石とS 極だけの磁石ができるわけではなく、切り口がそれぞれ反対側と逆の極になった2つの棒磁石ができる。N極とS極は単独では存在できないということになっている。

しかし、大学時代の先生に、磁気単極子という、片一方だけの磁石を探し求めている先生がいた。理論的には、電気と磁気の対称性から、電気的にマイナスな電子やプラスの陽子が存在するのと同じようにあってもおかしくないらしい。

でも、仮に磁気単極子が見つかったとしても、ずいぶんと寂しい存在ではないかと思う。引き合う相手があってこその磁石ではないのか。

さて、うちの犬は引き合う相手を求めて他の犬に近寄るのだろうか、それとも、仲間がいると思って近寄っているのだろうか。どちらが正しいのかは、犬に訊くことができれば直ちに解決するのだが、答えてはくれない。

|

« 2009年9月29日 | トップページ | 2009年11月30日 »