« 2014年5月31日 | トップページ | 2014年7月31日 »

June 30, 2014

学生の力

最近、学生の発表を聞くことが続いた。

この時期恒例の高校の進路指導担当の先生たちへ大学を紹介する懇談会では、大学全体の説明に加えて、いくつかの学科の紹介をするのだが、今年は、初めて、教員ではなく、その学科のゼミをとっている学生たちに学科の紹介をさせてみた。

もちろん、晴舞台ならではの緊張もあって、100%の出来というわけではないのだが、それでも、学生の発表には新鮮味があって、参加してくれた高校の先生方からのアンケートでもかなりの好評であった。

このゼミの学生たちは、JR西日本との提携による、鹿児島カレッジと北陸カレッジという、地域振興のプロジェクトにかかわっており、旅行代理店などを相手のプレゼンテーションの経験を積んではいる。しかし、学生たちの発表に何かしら訴えるものがあったとしたら、それは、技術的な巧拙がどうのこうのというのではなく、自分たちの体験を自分たちの言葉で語ったという点にあるのではないかと思う。

同じようなことは、大学コンソーシアムひょうご神戸の総会でも感じた。こういう組織の総会というと、前の年の報告と次の年の計画という、型通りの報告になりがちだが、今年は、各事業委員会の報告に、それに関わった学生たちの発表を組み合わせて、やはり、コンソの活動への親近度がぐっと増したような気がした。

すでに、夏のオープンキャンパスの季節が到来している。わざわざ大学のキャンパスにまで足を運んでくれる高校生やその保護者の方には、建物を中心としたキャンパスを見てもらうことは言うまでもないが、より一層期待したいのは、そこで学んでいる学生たちを見てもらいたいということである。

そのため、オープンキャンパスのスタッフとして表に出るのは、基本的に学生という形をとっている。学生たちの振る舞いが大学全体への印象を決定するのだという自覚の元にそれぞれが頑張ってくれていると思う。どんな先輩がいるのか、勉強以外にどんな生活が待っているのか、それを本音で語ってくれる在学生の存在の意味は大きい。

人はいつも本音で自分をさらけ出すことができるわけではない。何らかの脚色をほどこしながら、外に対する自分を演出しているのが普通だろう。本来、プリゼンテーションというものは、そのような演出の最たるものであるはずなのだが、プロの役者でない学生たちは、ぽろっと生のままの自分を出してしまう。それが魅力と感じてもらえるのも、この時期だけの特権だろうか。

次のオープンキャンパスは7月27日です。ご来校をお待ちしております。

|

« 2014年5月31日 | トップページ | 2014年7月31日 »