« 守田敦子相談員が、宮城県の仮設住宅でボランティア活動を行う大学生を対象とした研修会を行いました | トップページ | 無料相談会のお知らせ »

2015年10月14日 (水)

神戸松蔭こころのケア・センターブラッシュアップ研修会

 去る8/29(土),「神戸松蔭こころのケア・センターブラッシュアップ研修会」が開催されました。

 この研修会は,臨床心理士を対象とした研修会であると同時に,本学大学院心理学専攻臨床心理学コースの同窓会的な色彩もある会でした。本学を巣立って,今は臨床心理士として各所で活躍している修了生たちの,懐かしい顔が集いました。

 この日,研修会の講師としてお迎えしたのは,元・神戸松蔭女子学院大学教授で,ケア・センターの元・所長でもある,東豊先生(現・龍谷大学教授)でした。

 午前中は,東先生による「私にとってのブリーフセラピーと家族療法-東豊の頭内を暴露してみる-」というタイトルでのご講義がありました。理論や技法のお話をうかがったあと,事例を通してそれらについて具体的にご解説いただきました。また,東先生が面接者役をつとめる夫婦面接のロールプレイの様子を録画したビデオも見せていただき,東先生の面接の雰囲気を感じ取ることもできました。

Photo_2

 午後には,事例検討が行われました。事例をご提供いただいたのは,二期生の若林邦江先生,そして現在ケア・センターの相談員である守田敦子先生でした。東先生からのコメントはもちろんのこと,フロアからも質問やコメントが活発に提出され,非常に熱心な討議が行われました。

Photo_3

Photo_4
 夕方からは場所を三宮に移して,懇親会が行われました。ここでは,やはり元松蔭の教授であった三木善彦先生(大阪大学名誉教授・帝塚山大学名誉教授)お得意の手品も披露され,とても楽しい雰囲気でした。また,寺井さち子先生(元・松蔭教授/現龍谷大学教授)にもご参加いただき,同窓会的な交流がもたれました。

 研修会の参加者がスタッフもあわせて66 名,懇親会が36 名と,大盛況の会でした。
 こうした会を開催できたことについて,講師の東先生にこころより感謝申し上げます。それとともに,今後もこうした研修会が開催できればと思っています。

|

« 守田敦子相談員が、宮城県の仮設住宅でボランティア活動を行う大学生を対象とした研修会を行いました | トップページ | 無料相談会のお知らせ »