October 16, 2019

第33回神戸松蔭クリスマスチャリティコンサートのご案内

第33回神戸松蔭クリスマスチャリティコンサート

鈴木雅明オルガン・リサイタル
~J.S.バッハのクリスマス~

■日時 2019年12月14日(土)15:00開演(開場 14:30)

■会場 神戸松蔭女子学院大学チャペル

■演奏 鈴木雅明(オルガン)

■入場料:1F全席指定 ¥5,000(前売り¥4,000)

一般発売:2019年10月1日(火)

【お申込み】

◆ヴォートル・チケットセンター 03-5355-1280
 (オペレーター対応 平日10:00-18:00)
 オンライン http://ticket.votre.co.jp

◆チケットぴあ 0570-02-999[Pコード:166-032]

◆イープラス http://eplus.jp/

≪曲目≫

J.S.バッハ
 コラール『いざ来たりませ、異邦人の救い主』BWV599
              (『オルガン小曲集』より)

 パストレッラ ヘ長調 BWV590(全4楽章)

 マニフィカトによるフーガ ニ長調 BWV733

 カノン風変奏曲『天の高きところより、我来たりぬ』BWV769 ほか


■主催 神戸松蔭女子学院大学 キリスト教センター

※本公演のチケット収益は全て神戸市内をはじめとする児童福祉施設、また日本聖公会を通じて被災地復興支援のために献金します。
※今回の公演は、オルガン・バルコニー立見席はございません。
※自家用車での来校はお断りいたします。

33

|

August 22, 2019

第7回夏休み子どもわくわくスクール「パイプオルガンにさわってみよう!」を開催しました。

神戸松蔭の子ども向けオルガン企画は、今年で第7回目を迎えました。

猛暑の8月1日、本学チャペルに23名の小学生と、保護者の方々が集まり、オルガンとともに1時間余りの時間を過ごしました。

 

Photo_20190822131601

 

例年通り、本学キリスト教センターのオルガン奏楽グループの学生達が、アシスタントとして参加し、講師は伊藤純子が担当しました。

 

Photo_20190822131701

 

まずはじめに、パイプオルガンの鳴る仕組みについて、図を見ながら簡単に解説されました。

ミニコンサートで、オルガンの様々な響きを体感したあとは、参加者が持参したリコーダーでの「実験」です。

指定された音をリコーダーで鳴らすことで、美しい倍音がチャペルに響き渡りました。

 

Photo_20190822132001

 

最後はいよいよ、オルガンに近づく時間です。

オルガンの内部を観察したり、ひとりひとりがオルガンの椅子に座って、実際に音を出したり、曲を演奏したり、自分の出す音が遠くから聴こえてくる不思議な体験に目を輝かしていました。

 

Photo_20190822142001

 

|

August 08, 2019

2019広島・平和の千羽鶴の奉献

 

1_20190808133601

2_20190808133601

3

2019年も、本学学生・教職員の皆さまにご協力を頂いた平和の千羽鶴(1年生は、「神戸松蔭とキリスト教~藤井チャプレン担当の回~」の授業を通して、全員が折り鶴に参加しました)を学生代表が8月6日(火)に広島平和記念公園の「原爆の子の像」へ奉献をいたしました。

5

6

原爆の子の像の周りには世界中から奉献された平和の千羽鶴を収めるブースがあり、本学の代表学生6名は、そのブースに神戸松蔭から持参した千羽鶴を祈りの内に奉献しました。

7

8

前日の8月5日(月)から広島の地を訪問していた一行は、呉の大和ミュージアムに足を運び、いつもとは違った視点から、平和についての学びを深めることができました。

9

広島復活教会(聖公会)での原爆投下時刻の礼拝(聖餐式)・被爆者証言に参加した松蔭関係者(大学&中高)で集合写真を撮影しました。10

なお、10月のヌーンサービスで、参加学生による広島平和礼拝・報告会を予定しています。

 

追:新しくなった~ヒロシマ原爆資料館~にも、従来どおり貞子さんの折り鶴が展示されていました。

11

|

July 18, 2019

「被災地支援のためのアフタヌーンカフェ」を開催しました。

7/10(水)12時より、学生ボランティアカフェ・リースヒェンによるアフタヌーンカフェを営業いたしました。

チャペル奉仕グループの学生ボランティアカフェが中心となり、「被災地支援のためのアフタヌーンカフェ」として、メニューの考案や運営を行っております。

今回のメニューは、最近流行の「タピオカ」を使用したドリンク。

タピオカと相性が合うドリンクの試作を重ね、ミルクティーとカフェオレの2種類で販売いたしました。

Photo_20190717181001

12時~14時までの営業予定でしたが、開店早々に長蛇の列ができ、開店40分で売り切れという、大盛況となりました。

P7103331

この度の売上は、日本聖公会を通じて全額を被災地へ献金いたします。

カフェにお越しいただきました、学生、教職員のみなさん、ありがとうございました。

 

ボランティアカフェグループでは、結婚式や被災地支援のためのカフェ営業、神戸市内の児童福祉施設、被災地へ献金を届けるような活動を行っております。

興味をお持ちの方は、ぜひキリスト教センターへお越しください。

お待ちしております。

|

July 15, 2019

チャペル奉仕グループの全体オリエンテーション研修・新入生歓迎会を行いました。

7月15日(土)、本学を会場に聖歌隊、オルガン奏楽グループ、ブライダルキャプテン、ボランテイアカフェ・リースヒェンの4つのグループの新入生と在学生35名が参加し、チャペル奉仕グループ全体オリエンテーション研修・新入生歓迎会を行いました。

P7133449

P7133458

藤井チャプレン&瀬山チャプレンが司式・補式を担当し、開会礼拝をお捧げした後、休憩を挟んで、事前に学生リーダー会が作成した「Q&A(チャペル活動に関する学生からの質問)」に、チャプレン・聖歌隊指導者・奏楽指導者が、ぞれぞれの立場から回答する研修タイム。用意された質問が終わった後も、学生たちからの質問が相次ぎ、特に新入生にとって、大切な学びのひとときとなりました。

P7133465

P7133462-2

P7133464

昼食後は、新入生歓迎のためのゲーム大会です。初めて会ったお互いの名前や、誕生日を確かめ合うゲームなどが、先輩リーダーたちによって準備され、みんな和気藹々と、学生たちだけの楽しい時間を過ごしました。

P7133478

P7133480

P7133491

 「見よ、兄弟(姉妹)が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び」

(旧約聖書 詩編 133篇)

P7133519

|

日本語日本文化研修学生歓迎礼拝を行いました。

7月11日(木)のヌーンサービスは、神戸松蔭協定校学生(中国・インドネシア・ベトナムの学校からの学生15名)をお迎えし、歓迎礼拝を行いました。

P7113337

P7113342

礼拝の中で待田学長が歓迎の挨拶をされ、歓迎礼拝終了後は、日本滞在中にお世話をする本学の学生たちがそれぞれペアになって、自己紹介・アドレスの交換など、国籍を超えた学生たちの笑顔がチャペルに満たされました。研修学生の皆さんの日本でのよき学びの時が守られますことをお祈りいたします。

P7113382

P7113375

P7113351

|

June 18, 2019

ペンテコステ礼拝を行いました

  Photo_39

Photo_44

教会の誕生日のお祭り、ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝が6月13日(木)のヌーンサービス・初夏の爽やかな風の中、チャペル前広場にて行われました。ペンテコステは、イエス・キリストの復活50日目、昇天後に弟子たちの上に「聖霊」が降り、教会が誕生したことを記念する祝日です。少し暑い昼下がりでしたが、たくさんの学生や教職員の方が参加してくださいました。

Photo_42  Photo_40

メッセージは、今春から着任された瀬山チャプレン。「すると一同は聖霊に満たされ霊が語らせるままに、ほかの国の言葉で話しだした(使徒言行録2章4節)」を引用し、英語から始まり、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ヘブライ語、スペイン語、ヒンドゥー語、ハワイ語、中国(広東)語、韓国語、津軽弁(おんろー)、沖縄弁(はいさい)、そして最後は関西弁(まいど)に至るまでの多様な言語での挨拶のことばを紹介して下さいました。

Photo_43 

Photo_45 

Photo_41

祈祷後の会衆賛美は『おどりでる姿で“Lord Of the Dance”』。今回はオルガンだけでなく、フルートやリコーダー、二本のギター、太鼓の伴奏も加わり、とても賑やかフィナーレとなりました!

Photo_49

Photo_48

Photo_46

Photo_47聖書において、鳩は「聖霊」を象徴する鳥とされています。~天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降ってきた~ (ルカによる福音書 3章22節)。終了後、「聖霊」が鳩の姿で降ってきたことにちなんで、礼拝式文と引き換えに参加者に鳩サブレー(鎌倉豊島屋謹製)をプレゼント!

Photo_50

「みなさん、これが、鳩サブレーです!」(教務部長・柏本吉章教授)

|

June 04, 2019

第153回 神戸松蔭オルガンレクチャーコンサートのご案内

第153回神戸松蔭オルガンレクチャーコンサート

◆日時◆2019年6月29日(土)15:00(開場 14:30)

    入場無料&全席自由席(予約・申込不要)

◆テーマ◆~バッハの音楽に見る、数と言葉の暗号~

◆演奏◆長谷川 美保

    (明治学院音楽主任・オルガニスト、明治学院大学講師)

◆曲目◆

  J.S.バッハ:パッサカリア BWV582

        トリオソナタ ハ長調 1楽章 BWV529-1

  N.ド.グリニー:ミサ曲より 他

 

◆会場◆神戸松蔭女子学院大学チャペル

    ※お車でのご来場はご遠慮ください。

 

153

 

また、当日は、学生ボランティアカフェ「リースヒェン」を営業いたします。

チャペル向かいの建物に是非お越しください。

 

お問い合わせ:神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター

TEL:078-882-6124

Email: st.maria-chapel@shoin.ac.jp

|

May 30, 2019

「被災地支援のためのアフタヌーンカフェ」を開催しました

Photo_30

 

5月29日(木)12時より、学生ボランティアカフェ・リースヒェンによる”アフタヌーンカフェ”を開催いたしました。

 

Photo_31

 

チャペル奉仕グループの学生ボランティアカフェが中心となり、「被災地支援のためのアフタヌーンカフェ」としてメニューの考案や運営を行っております。

 

Photo_32

 

今回のメニューは、「チーズタルト」。

チーズの表面にマーマレードをぬり、さっぱりした味になるよう、焼き加減や味、生地の工夫を凝らしながら試作を繰り返し、美味しいタルトが完成しました。

 

Photo_33

 

セットのドリンクは萩原珈琲さんより提供させて頂きましたが、食後のデザートにぴったりな一品になったのではないでしょうか。

この度の売上は、日本聖公会を通じて全額を被災地へ献金いたします。

カフェに来て下さりました学生、教職員のみなさん、ありがとうございました。

 

Photo_34

 

ボランティアカフェグループでは、結婚式や被災地支援のためのカフェ営業、神戸市内の児童福祉施設、被災地へ献金を届けるような活動を行っております。

興味をお持ちの方は、ぜひキリスト教センターへお越しください。

お待ちしております。

|

May 22, 2019

ボランティアカフェグループ・被災地研修報告会を開催しました

Photo_24
5月16日(木)のヌーンサービスは、学生ボランティア・カフェリースヒェン~(チャペル奉仕グループ)による研修報告会を行いました。

Photo_25
学生たちは、今年の春休みを利用し、3月14日(木)~15日(金)、昨夏の西日本豪雨の被災地である岡山・倉敷を訪問し、先ず、被災地支援活動にあたられた上原司祭(聖公会・岡山聖オーガスチン教会牧師)から、災害支援などに関するお話を伺いした後、教会ホールで、泥まみれになった大切な家族写真などを整理するための紙箱を作るボランティア作業を行いました。

Photo_26
今回の被災地訪問研修の大きな目的は、昨年度のボランティア・カフェ活動を通して得ることができた被災地支援献金を、直接、被災地へお届けすることでした。研修後、岡谷聖オーガスチン教会の礼拝堂に場所を移し、学生の手から直接、西日本豪雨被災地支援の献金を贈呈することができました。

Photo_27

 

Photo_28
岡山の教会は、岡山城(後楽園)の近くにあるため、研修後、留学生も一緒に岡山城をおとずれることができました。又、翌日は~倉敷カフェめぐり~も行い、1年の活動の締めくくりと共に、新年度のボランティア・カフェの活動に大いに役立つ有意義な研修旅行でした、という研修報告を、参加学生ひとりひとりが、プロジェクターを用いてお話をしました。

Photo_29
昨年度のボランティア・カフェ活動に御協力を頂いた学内外の多くのみなさんに感謝をお伝えするとともに、現在、松蔭生の新メンバーを募集しています。興味をお持ちの学生さんは、御遠慮なくキリスト教センターまで。

|

«世界聖公会大学連合会事務局長(キャラウエイ司祭)が訪問されました