キリスト教センターからのお知らせ

May 10, 2022

誕生日感謝礼拝(3月生まれ・4月生まれ)を行いました。

新型コロナウイルスの影響によって、一昨年度からマグダレンチャペルでの誕生日感謝礼拝は休止しておりましたが、本年度より再開することができました。本年度は、すべての学生の皆様、教職員の皆様の誕生日感謝礼拝を二ヶ月に一度、マグダレンチャペルで行う予定で、去る4月28日(木)に、その第一回目として、3月生まれ、4月生まれの皆様の誕生日感謝礼拝を行いました。

P4280270jpg

礼拝の中では、お一人おひとりのお名前を読み上げて、誕生日感謝のお祈りを献げ、礼拝後には集合記念写真を撮影し、誕生日プレゼント(松蔭マーク入り特製クッキー&オリジナルクリアファイル&オリジナルポストカード)をお贈りいたしました。

今後の誕生日感謝礼拝の日程は、松蔭ポータル等でご案内申し上げますので、是非、チャペルでの誕生日感謝礼拝をご予定いただければと思います。

キリスト教センタースタッフ一同、お待ちしております。

|

2022年度入学感謝礼拝を行いました。

心地よい春の日差しに恵まれた47日(木)、今年度入学された359名の新入生の皆さんの、入学感謝礼拝が本学マグダレンチャペルで行われました。

Photo_20220510184701

チャペルの席数の関係で、一度にすべての新入生の皆さんをお迎えできないため、入学感謝礼拝は4回に分けて行いました。

Photo_20220510184702

入学感謝礼拝の前に、キリスト教センターの役割やメンバーの紹介、パイプオルガンやカリヨンについて紹介いたしました。それに続いて「入学感謝礼拝」を行い、礼拝の中ではマグダレンチャペルのエントランス正面に刻まれている

TIMOR DOMINI PRINCIPIUM SCIENTIAE

(主を畏れることは知識の初め/箴言17節)」

という聖書の言葉を通してチャペルを身近に感じていただくこと、また、「Open Yourself, Open Your Future」という本学のモットーのために大切にしてほしいことなどがメッセージされました。

 

そして最後に、チャペル奉仕グループの活動についての紹介を行い、今年導入されました「ハンドベル」の音色を聞いていただくこともできました。

 

チャペル奉仕グループの活動に関心のある新入生の皆さん、お気軽にキリスト教センターまでお訪ね下さい。

 

Photo_20220510184801

今年、入学された皆さんお一人おひとりの神戸松蔭での新しい歩みの上に、神様の御恵みと導きが豊かにありますようにお祈りいたします。

|

March 08, 2022

2021年度松蔭高等学校 卒業感謝礼拝

P2280114

春の温かさが感じられた2022228日(月)、松蔭高等学校の卒業感謝礼拝が、本学マグダレンチャペルにて献げられました。

礼拝の中では、本学の瀬山会治チャプレンが今年巣立っていく139名の卒業生の皆さんに向けて、「何か困ったこと、悲しいことなどがあっても、上を向くことを大切にしてください。神様が助けてくださいます。守ってくださいます。」とメッセージされました。

この春から新しいスタートを切られる松蔭高等学校の139名の皆さんが、これからもそれぞれのペースで、それぞれの持つ一番の素晴らしさによって歩んでいけますように、神様のお恵みとお導きをお祈りしたいと思います。

|

February 05, 2022

1月生まれ、2月生まれ、3月生まれ 誕生日感謝礼拝のお知らせ

20220119bd123

皆さん、こんにちは!

神戸松蔭女子学院大学キリスト教センターです。

 1月生まれ、2月生まれ、3月生まれの皆さんのための「誕生日感謝礼拝」を、当センターのYouTubeチャンネルから限定配信しています。まだチャペルで集まって礼拝することができませんので、オンラインで一緒にお祝いできればと思います。動画の中で流れているオルガン曲は、本学チャペルのパイプオルガンで演奏しています。学歌は、本学のカリヨンで演奏しています。是非、ご覧ください!

またチャペルのオルガンで演奏した曲も、随時配信しています。どうぞお楽しみに!

|

December 17, 2021

図書館のクリブ展示のお知らせ

202112_20211217084201

キリスト教センターでは、12月になるとクリスマスを迎える準備の一つとして、イエス・キリストの誕生人形(クリブ)をチャペルに飾り、チャペルを訪れる教職員学生の皆様にご覧いただいてきました。

しかし、今年は、コロナウイルス感染拡大防止等によるチャペルの入場制限を行っているため、クリブを図書館3階書庫前の展示ケースに飾っていただくことにいたしました。

クリスマス関連図書の紹介もしておりますので、ぜひこの機会にご覧ください

|

December 01, 2021

「クリスマスイルミネーション」YouTube配信のお知らせ

Photo_20211202095701

いよいよクリスマスを待ち望むシーズンの幕開けです。

本学では1125日から1225日までの1ヶ月間、チャペル前のクリスマスイルミネーションが灯っています。

皆さんと一緒にイルミネーション点灯式を行う代わりに、イルミネーション画像のYou Tubeを配信中です。

https://youtu.be/HElIYvGM-TY

あたたかい光とクリスマスキャロルの音色に包まれて、「共にいるクリスマス」を感じるひとときとなりますよう、願っています。

神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター

 

|

November 22, 2021

2021年度 神戸松蔭女子学院大学クリスマス行事についてのお知らせ

 コロナウイルス感染防止のため、本年度のクリスマス・ツリー点灯式とキャンドル・サービスは中止することとなりました。

 今年のチャペル前イルミネーションの様子は12月初旬にYoutubeで配信する予定です。

 なお、一般の方は校内に立ち入れませんので、ご注意ください。

 また、学内行事については、ポータルでお知らせしております。

|

November 02, 2021

オルガンの音色⑤配信中

01_20211026144401

実際にチャペルに入れない今、YouTubeの学内限定配信で、オルガンの響きをお届けしています。

5弾は、「カリヨンとオルガン」。本学チャペルのカリヨンとオルガンの聴き比べをお楽しみください。

 

在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

今後の配信案内につきましても、ご注目ください!

 

|

October 28, 2021

10月生まれ、11月生まれ、12月生まれ 誕生日感謝礼拝のお知らせ

101112_20211019103501

皆さん、こんにちは!

神戸松蔭女子学院大学キリスト教センターです。

 10月生まれ、11月生まれ、12月生まれの皆さんのための「誕生日感謝礼拝」を、当センターのYouTubeチャンネルから限定配信しています。まだチャペルで集まって礼拝することができませんので、オンラインで一緒にお祝いできればと思います。動画の中で流れているオルガン曲は、本学チャペルのパイプオルガンで演奏しています。学歌は、本学のカリヨンで演奏しています。是非、ご覧ください!

1月には、1月生まれ、2月生まれ、3月生まれの皆さんのための「誕生日感謝礼拝」を配信する予定です。またチャペルのオルガンで演奏した曲も、随時配信しています。どうぞお楽しみに!

 

|

September 25, 2021

オルガンの音色④配信中

実際にチャペルに入れない今、YouTubeの学内限定配信で、オルガンの響きをお届けしています。

4弾は、「オルガンで結婚式」。本学チャペルの結婚式で奏でられる音楽の数々です。

 

在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

今後の配信案内につきましても、ご注目ください!

 Photo_20210910115701

 

|

September 17, 2021

『国際平和デー』カリヨン演奏

本学のカリヨンが、日本カリヨン協会主催企画に参加します。

各地のカリヨンが同日、平和の祈りを込めて鐘を奏でる企画です。

2021年9月21日(火)正午から 約1分半

演奏曲目:日本聖公会聖歌集 417

 「あなたの平和の器にしてください」“CHANNEL OF PEACE” 

 ※この記事の下方に歌詞を掲載しております

本学のカリヨンは毎日3回、月替わりの聖歌を演奏しておりますが、当日はそれに加えて上記が演奏される予定です。

この時間に、本学から鳴り響く鐘の音に心の耳を傾け、平和を求める祈りを共にささげていただければと思います。

                                                           

 9.21 国際平和デーとは】

国際連合が定めた平和の記念日。人類共通の理想である国際平和を記念、推進していく日 として、この日を祝うと共に、世界の停戦と非暴力を全ての国と人々に働きかけています。

ニューヨーク国連本部では、日本からの呼びかけにより各国代表、ローマ法王、世界のこどもたちから集まった硬貨やメダルを鋳造し誕生した「平和の鐘」が、鳴らされています。

 9.21 各地でのカリヨン打鐘・演奏】

同日、カリヨン・チャイムを保有する下記団体においても、平和への祈りを込めて打鐘が行われます。

   ♪椙山女学園 『金剛鐘』(愛知)

   ♪夙川カトリック教会(兵庫)

   ♪伊丹市フランドルの鐘(兵庫)

   ♪インテックス大阪 『BEIAAR DCARILLON』(大阪)

   ♪ハウステンボス 『カロヨンファンタジア』(長崎)

主催:日本カリヨン協会  共催:伊丹市

後援:オランダ王国大使館、ベルギー王国大使館、

    ハッピーエフエムいたみ、

    International Network of War Memorial and Peace Carillons

協賛:小西酒造株式会社、松谷化学工業株式会社、

         株式会社橋本工務店

                                                           

本学では今年、カリヨン設置40周年を迎えました。

これにあたり、カリヨンに関する特集記事を、今後こちらのブログで発信する予定です。

 

   聖歌417番歌詞

    (おりかえし)あなたの平和の/器にしてください

          主よ わたしをあなたの/平和の器に

     憎しみあるところに/あなたの愛があるように

          悲しみあるところに/よろこびがあるように

  (おりかえし)

   絶望あるところに/希望の道があるように

    暗闇あるところに/光が満ちるように

  (おりかえし)

   慰められるよりも/慰めることをもとめよう

    愛されることよりも/愛することもとめよう

   赦すことにより/わたしたちは赦され

    神の愛を伝える/平和の器に         

 

|

August 07, 2021

オルガンの音色 vol.3 配信中

実際にチャペルに入れない今、YouTubeの学内限定配信で、オルガンの響きをお届けしています。

シリーズ第3弾は、パッヘルベルの「カノン」です。

在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

今後の配信案内につきましても、ご注目ください!

Photo_20210728085501

|

July 21, 2021

7月生まれ、8月生まれ、9月生まれ 誕生日感謝礼拝のお知らせ

789

昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、誕生日感謝礼拝を中止せざるを得ませんでした。今年度は、三か月に一度の動画配信によって誕生日を迎えた皆さまをお祝いし、神様の祝福をお祈りいたします。チャプレンの誕生日メッセージとチャペルのパイプオルガンの音色をお楽しみください。

 在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

 

|

July 17, 2021

オルガンの音色 vol.2 配信中

実際にチャペルに入れない今、YouTubeの学内限定配信で、オルガンの響きをお届けしています。

シリーズ第2弾は、バッハの音楽です。

在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

今後の配信案内につきましても、ご注目ください!


713

|

June 26, 2021

オルガンの音色 配信中

実際にチャペルに入れない今、YouTubeの学内限定配信で、オルガンの響きをお届けしています。

シリーズ第一弾は、ディズニー音楽メドレーです。

在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

今後の配信案内につきましても、ご注目ください!

Photo_20210622143901

|

June 18, 2021

4月生まれ、5月生まれ、6月生まれ 誕生日感謝礼拝のお知らせ

Photo_20210616121701

昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、誕生日感謝礼拝を中止せざるを得ませんでした。今年度は、三か月に一度の動画配信によって誕生日を迎えた皆さまをお祝いし、神様の祝福をお祈りいたします。チャプレンの誕生日メッセージとチャペルのパイプオルガンの音色をお楽しみください。

 在学生・教職員の皆さまには、ポータルの掲示板にURLをご案内しております。

 

|

April 26, 2021

「小さな一歩」

新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。在学生の皆さま、ご進級おめでとうございます。私は、本年4月よりここ神戸松蔭女子学院大学にチャプレンとして遣わされました長田と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、皆さんは今、新しい一歩を踏み出されて、喜びや期待と共に何とも言えない緊張や不安でいっぱいになっていることと思います。私も今年3月末に広島から引っ越して来て、神戸での生活に色んな期待もありますけれど、それと同じくらいの不安と緊張があります。でもそのような時にこそ改めて聞いておきたいのは、イエス様が『幸い』、つまり幸せについて教えておられる聖書の言葉です。そこでは、『心の貧しい人々(悲しむ人々、柔和な人々、義に飢え渇く人々、憐れみ深い人々、心の清い人々、平和を実現する人々、義のために迫害される人々)は幸い』(マタイによる福音書5:1-12)とあります。しかしそこで語られているイエス様の言葉は、そのままであれば『幸い』だとは思えません。むしろ不幸せです。おそらく当時の人々も、私たちと同じように感じていたことでしょう。そればかりか、心の貧しさから、心の飢え渇きから、悲しみから救われること、それでこそ幸せになれると考えていたでしょうし、だからこそその不幸せな状態から助けて欲しいと強く願っていたはずです。

 

しかしイエス様は、そうじゃないと仰るのです。あなたがたは自分のことを不幸だ、不幸だと言ったり思ったりしているけれど、またこんなに貧しくて、辛くて、大変で、こんなの全然幸せなんかじゃないよって思っているけれど、「そんなことはない、あなたがたは幸いなんだよ」と語られているのです。そしてイエス様は、それを私たちにも語ってくださっています。あれもない、これもない、その「ない」「ない」から抜け出す力も「ない」、あるのは不安や心配、緊張、そして過去の失敗であったり、後悔であったり、どうしてこんなにしんどいのか、どうして自分ばっかりなのか、幸せなんてどこにもないじゃないかって叫ぶ私たちにも対しても、イエス様は「そうじゃない、あなたは幸いなんだよ」と語ってくださっているのです。「わたしと一緒に生きて欲しい。わたしはここにいる。わたしはあなたといつも一緒にいる。だから、あなたは不幸なんかじゃないよ」イエス様はそのように、私たちにも語りかけてくださっています。

 

現代に生きる私たちは、お金とか家とか権力とか権威とか、その他何でも持っていることが「幸せ」と思いがちです。しかしそのようなものがなくても、生きていく希望、それがどんなに小さい希望であっても、それを持てることが「幸せ」のような気がしています。イエス様が一緒にいてくださっている、どこにいても、どんなになっても、いつも一緒にいてくださっている、そのことを知ること、それこそが決してなくならない幸せの「素」なのだと私は信じています。

 

 もちろん、だからと言って、不幸だと思っていた現実がすぐになくなるわけではありません。でもそのような厳しい現実の中で、「小さな一歩」を踏み出そうという気持ちがちょっと出てくるような気がしています。それは本当に小さな一歩かもしれません。それでもきっと、それは確かな一歩になるに違いないと思います。だからこそ、「あなたがたは幸いなんだよ」というイエス様の言葉に何度も何度も立ち返り、しんどくなった時も、不安な時も、緊張している時も、どんな時でもイエス様のその言葉を心に留めて、明日のことまで煩わず、一日一日をそれぞれのペースで歩んでいきたいものであります。

God’s grace be with you all.

チャプレン長田吉史(おさだよしふみ)

Img_2348

|

April 21, 2021

好奇心を持って見れば、楽しくなり、宝物の種になる。

チャプレンの瀬山です。

 新入生の皆さん、そして、進級した在校生の皆さん。ご入学、ご進級、おめでとうございます。

新しい学期を迎えました。新しい出会いが待っている、ワクワクした気持ちになります。しかし、授業はさらに専門的となっていきますので、憂鬱な気持ちの方もあるかもしれません。そんなあなたにイソップ童話をご紹介します。

02_20210421142601

  イソップ童話「お百姓と息子たち」

あるお百姓が年を取ったので、死ぬ前に自分の子どもたちに、お百姓の仕事をしっかり覚えさせたいと思いましたが、息子たちはお百姓さんの仕事に興味がありません。そこでお百姓さんは、息子たちを呼んで、こう言いました。「お父さんは、もうじきこの世とおさらばするが、お前たちは、わしが畑に隠しておいた物を探してみるといい。きっと、いい物が見つかるから」

 息子たちはてっきり父親が宝物をどこかに隠したのだと思いましたから、父親が死ぬと畑をすみからすみまで深く掘り返しました。しかし、掘っても掘っても、宝物はさっぱり見つかりませんでした。でも、せっせと耕された畑からは、いつもの年よりもたくさんの収穫がありました。

  このお話しは、人間にとって努力することこそ宝物であると教えています。勉強はイヤだけれども、興味のあること、好きなことをたくさん知ることは楽しいことです。美味しい料理や素敵なファッションには目が引き付けられ、もっとよく知りたいと思います。そのような好奇心を持って学ぶとき、「勉強=キライ」から「知識=もっと知りたい」に変わります。そして、その積み重ねが将来の宝となり、豊かな実をつける種になるのです。ですから、「授業は勉強だからキライ」とは思わず、自分の興味あることに寄せて見てみると楽しい知識になります。楽しく学ぶ方法は、嫌な勉強とは思わず、好きなもの、楽しいものと関係づけるとよいでしょう。

 いろいろな人と出会い、様々な体験して楽しい大学生活を過ごしてください。神様のお守りをお祈りいたします。

チャプレン 瀬山会治(せやま えいじ)

Photo_20210421143201

|

November 05, 2020

2020年・松蔭女子学院・逝去者記念礼拝を行いました




2020_20201105152001 



11月5日(木)、スティンドグラスを通し、午後の光が美しく射し込むマグダレンチャペルにおいて、松蔭女子学院逝去者記念礼拝を行いました。


2020_20201105152101


今年は、コロナ禍の影響で、チャプレンのみによる礼拝でした。

2020_20201105152201  

パイプオルガンによる前奏、聖歌(2曲)、後奏を~天国の会衆~にお捧げしました。


「こういうわけで、わたしたちもまた、このようにおびただしい証人の群れに囲まれている以上、すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競争を忍耐強く走り抜こうではありませんか、振興の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。」

(新約聖書:ヘブライ人への手紙 12章1節~2節)

|

June 28, 2020

マスクの功罪

【キリスト教センター・6月のリレーメッセージ】 (5)

 

マスクはこの季節には暑いですね。しない人も増えてきました。通常のマスクには、そもそも外からの感染を防ぐ能力はないので、してもしなくても、感染されやすさが変わるわけではない、と開き直っているのでしょうか。

しかし、マスクには、内からの感染源になるのを防ぐという効用があります。症状がなくても感染している可能性があるので、知らず知らず、自分がウイルスを撒きちらしているかもしれません。それを防ぐには、自分の口を塞いでしまった方がよいわけです。

実際にマスクをしてみると、マスクのもう一つの効用が感じられるようになりました。マスクは、ウイルスが入って来るのを防ぐことはできないけれど、他人の視線が向かってくるのを防ぐことができるのです。視線が刺さると痛いですよね。そのためだけでもマスクをする意味があるのかもしれません。

その逆に、マスクには副作用もあります。マスクをすると、マスクをしていない他人への視線が厳しくなるのです。きのうまでマスクなんかしていなかった人が、突然、正義の味方にみたいになって、ノーマスクの人を糾弾するようになることがあります。

人を責める資格とは何でしょうか。『新約聖書』の「ヨハネによる福音書」に、罪を犯した女を責めることができるのは、自分自身が罪を犯したことのない者であるという趣旨のイエスの言葉があります。その結果、その場にいた人で責めることができる人はいなくなってしまったのですが。同じように、マスクさえしていれば、マスクをしていない人を責めることができると考えるのは単純すぎる気がします。とは言え、個人的には、ノーマスクの人には近付きたくないですけれどね。

マスクのもう一つの副作用は、口から出る大事なものが遮られてしまうということです。最近は会見などで手話通訳の人がつくことが多くなりましたが、通訳は、よく見ると、口を頻繁に動かしながら手話を使っています。これがマスクをしてしまうと見えなくなるので、手話をあてにしている人からわかりにくいという苦情が出ました。今では透明なマスクをするか、透明な衝立の後ろで通訳をするようになっていますね。

同じ理由からか、西洋人がマスクを嫌いなのも、あの人たちには口の表情が大事だからという話を聞いたことがあります。一方、日本語では「目は口ほどに物を言い」というくらいですから、マスクの上の目つきだけで、十分に会話ができるのかもしれません。マスクをしていても笑顔かどうかはわかりますものね。

最後に、最近気になるのは「アゴノマスク」です(誤植ではありません)。鼻と口をマスクの外に出して、なぜか顎にマスクをしている人たちです。何も防げていないので、あれを見ると、「自分は駄目な人間です。すいません」と公表しているように見えるのです。(顎をマスクの外に出している人も同じように駄目な人だとまでは言いませんが。)

とにかく、早く、マスクをしないのが普通の日が来てほしいですね。鼻と口からマスクがとれたら、清々しさを感じるとともに、「目からうろこのようなもの」が落ちた(使徒言行録 9:18)のに相当する、開かれた世界が見えてくるのではないでしょうか。

(キリスト教センター委員:郡司隆男)

 

Gunji_5680r_20200625100301

|

June 22, 2020

『ステイホームとテイクアウト』

【キリスト教センター 6月のリレーメッセージ】 (4 )

コロナの感染拡大とともに随分カタカナ語が増えたと感じている人は多いのではないでしょうか。

オーバーシュートやパンデミック、ソーシャルディスタンスに至っては語尾変化をしてソーシャルディスタンシングなんて表現まで見るようになりました。私は英語の教員ですから英語の綴りが頭に浮かび、気分は憂鬱ですが、ま、この節仕方がないのかなと意味を理解はしています。でも、こんなに長いカタカナ語は苦手な人も多いのではないのかな、と思っていたところ、案の定ちょっとご年配の方が「ソーシャルゆうたらダンスなら分かるけど、なんや難しい・・ディス・・ディスコちゃうねん」と話しているのを耳にしました。思わず吹き出しそうになりましたが納得ですよね。

タイトルにしたステイホームとテイクアウトは定着しているようですが、ステイホーム、ステイアットホーム、両方のバージョンを聞きませんか?Stay home vs. Stay at home. これはどちらが正解というのではなく、homeの使い方のバリエーションです。むしろStay homeはアメリカ系でよく目にし、Stay at homeはイギリス系で目にすることが多いので、米語と英語の差だと理解している人もいるかもしれません。Stay homehomeを副詞で用いたものでgo homeと同じ使い方です。またhomeは家庭という意味よりむしろ「居場所」的なニュアンスを感じさせます。対してat homeでのhomeは名詞で用いていますので、より自宅的なニュアンスを伝えます。下宿している人や仮住まいの場合などはstay homeの方がしっくり感じるかもしれません。私はStay@home が気に入っています。@atと読むのでStay at home とも取れるし、でもatと明確には示していないのでどちらにも解釈できそうではありませんか。

もう一つのテイクアウトは和製英語です。take outは取り出すという意味で、お店の中から外へ出すからと解釈すれば間違いとも言えません。英語ではテイクアウェイtake away、まさにアウェーに持っていくのですものね。驚いたのはアメリカで昔、to goという表現を聞いた時です。To go? だけ?になりません?to goってどこいくの、って頭の中でとまどいました。「お持ち帰りですか?店内でお召し上がりですか?」がfor here or to go になるのですね。『マダムin ニューヨーク』という映画(Netflixにあります)で主人公の女性がこの表現で泣かされるのです。この映画は英語に苦労する外国人が沢山出ます。Stay@homeでお勧めです。

宗教主事:山内啓子

17yamauchi_r

|

June 15, 2020

「自分の心に依り頼む者は愚か者だ。知恵によって歩む人は救われる。」箴言28:26

【キリスト教センター 6月のリレーメッセージ】 (3)

皆さん、長かった自粛期間は終わりましたが、大学生活が過ごせないので晴れやかな気持ちにはなれないかもしれませんね。以前のような楽しい大学に戻るにはまだ時間がかかるかもしれません。でも、ウイルスは終息していないので注意が必要です。

 

 イソップ童話に「船旅をする人たち」というお話がありますので、それをご紹介します。

 

「人々が船に乗って海に出ました。沖へ出ると激しい嵐がおこって、船は沈みそうになりました。乗船客たちは「神さま、助けて下さったら、いくらでも感謝のお供えをします」と大声で祈りました。

 ところが嵐が静まると、みんなは「もう、安心だ」と思い、嵐のことなどすっかり忘れて、ごちそうを食べたり、踊ったりして楽しみました。

 船長はそんなうかれているお客たちに一言いいました。「みなさん、楽しむのは結構です。ただし、いつまた嵐が来るかもしれない事をお忘れなく」

02

 これからは以前とは少し違う生活になるかもしれませんが、苦しみを乗り越えたことを忘れず、色々と工夫して大学生活を楽しむことをお奨めいたします。そして、神様のみ守りとお導きが神戸松蔭女子学院大学の皆さんの上に豊かにありますようお祈りいたします。

チャプレン:瀬山会治(せやまえいじ)

P1

|

June 08, 2020

ペンテコステによせて―語学に苦しむ学生諸君へ!

【キリスト教センター 6月のリレーメッセージ】 (2)

毎年この時期、キリスト教の教会ではペンテコステ(聖霊降臨祭)を祝います。今年は531日でした。神戸松蔭でも、例年、6月の第一週あたりの昼休みを利用して、「ペンテコステ礼拝」を行っています。参加した学生さんには、鎌倉名物「鳩サブレ―」がプレゼントされます(聖書では「鳩」が「聖霊」の象徴として描かれています)。

2019_20200608093801

昨年のペンテコステ礼拝の様子

 

 ペンテコステは、イエス・キリストが天に昇ったのち、弱虫だった弟子たちが、聖霊を受けることでものすごい力を得て、命も惜しまず宣教活動に向かったことを記念する祭日です。弟子たちの本格的活動の開始! という意味で「教会の誕生日」ともいわれます。

 

 では、弟子たちが聖霊によって得たものすごい力とは、具体的にどのようなものだったのでしょう? 聖書のその場面を見てみましょう。

 

「五旬祭の日が来て、皆が同じ場所に集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から起こり、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、霊が語らせるままに、他国の言葉で話しだした。」(「使徒言行録」21-4節)

 

「他国の言葉で話しだした」とあります。弟子たちは、これからローマやギリシャなど、あちこちにキリストの教えを伝道に行きます。しかし、どんなに志が高くても、その地の言語を話せなければ、イエスのメッセージは人々に届きません。聖霊降臨によって、弟子たちが得た具体的な力は、どこの地域の言語もペラペラに話せる力だったということです。ドラえもんの道具「ほんやくコンニャク」を食べたような状態です。

 

若いころから今に至るまで外国語を読むのに四苦八苦している私は、この場面を読むと「私にも聖霊来てください!」と願わずにはいられません。

 

聖霊降臨の出来事は、旧約聖書の「創世記」に記されている「バベルの塔」という物語を想起させます。神様に逆らって、天にも届く高い塔を建てようとしていた傲慢な人々が、神様から互いに話す言語をバラバラにさせられて、建設作業が続けられなくなってしまいました、というお話です。この話によれば、世界の言語がバラバラなのは、人間の思い上がりという罪に対する神の罰です。だとすれば、四苦八苦して外国語を読まなくてはならない苦しみは、「浄罪」の行為といえます。

 

そう思うと、腑に落ちるものがあります。たまに、苦労して訳した文章が、いかにもピッタリな日本語の表現に収まった時、「やったー!」という、すがすがしい気持ちになります。これは、苦しい「浄罪」の炎をくぐりぬけた先にある、「救い」の味わいと言えるのかもしれません。

 

語学の授業で苦しんでいる学生の皆さん! その苦しみの先には、きっとすがすがしい「救い」が訪れるはずです。めげずに、がんばりましょう!

キリスト教センター委員:木鎌 耕一郎

P5

(次回は瀬山チャプレンです。お楽しみに!)

 

|

June 01, 2020

「神は、乗り越えられる試練しか与えない、しかも、~逃れる道も~」

【キリスト教センター 6月のリレーメッセージ】 (1)

チャプレンの藤井尚人でありんす。神戸松蔭生のみなさん、お元気でお過ごしですか。あちきは、ステイホームの日々で、放送時は見逃していた「JIN-仁(特別編)」を~咲さんの手紙に涙しながら~観ておりました。で、~神は乗り越えられる試練しか与えない~。どこかで聞いたセリフだなぁ、あっ、聖書の言葉じゃん。

 

 「神は真実である。あなたがたを耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、逃れる道も備えて下さるのである」(新約聖書・コリントの信徒への第一の手紙 10章13節)

 

えっ、逃れる道も。だったら、大切なことは、自分の力だけで、この試練を何とかしようと、じたばたせず、そして、決して希望を失わず、神様の愛に信頼して歩むこと。きっと、その逃れる道の向こうには、試練に会う時以前より、成長したあなたが、あなたを待っている、これが、今回のチャプレンからのメッセージです。

 

みなさんと大学に集える日はもう少し先になりそうですが、お隣にいる人~ひとり、また、ひとり~に、思いやりとユーモア―と笑顔を忘れずに、心も身体も、お元気で、それぞれの美しい今日を、お過ごし下さい。

 

いつも、祈りのうちに

 

  • 次回(6月第2週)はキリスト教センター委員の木鎌先生です、お楽しみに。

Photo_20200601100501

|

January 27, 2018

卒業感謝礼拝のご案内

【卒業感謝礼拝のご案内】
来る3月12日(月)10時40分よりチャペルにて、卒業感謝礼拝を行います。
神戸松蔭での学びと出会いに感謝し、これからの歩みに神の導きと
祝福を祈りましょう。
礼拝のメッセージは本学チャプレンの小南晃司祭が担当します。
礼拝終了後には、2階食堂においてティーパーティーを行います。(参加費無料)
どうぞ、お誘い合わせの上、ご出席ください。


日時:2018年3月12日(月)10:40~
場所:神戸松蔭女子学院大学チャペル


(過去の感謝礼拝&ティーパーティーの様子)

Photo Photo_2
お問い合わせ:キリスト教センター 078(882)6124

|

May 31, 2016

夏休み子どもわくわくスクール「パイプオルガンにさわってみよう」参加者募集

4回 夏休み子どもわくわくスクール
「パイプオルガンにさわってみよう」
(要申込・参加費無料)

夏休みの小学生大集合!
パイプオルガンを近くで見て、しくみを知って、ミニコンサートで色々な音に包まれてみませんか。
最後にひとりずつオルガンのイスに座って音をだしてみよう♪

◆日時:810() 14:0015:00
◆会場:神戸松蔭女子学院大学チャペル
◆お話と演奏:伊藤 純子(本学非常勤講師・オルガン奏楽指導者)

Photo


〇対象:小学校36年生
〇定員:子ども20名(保護者同伴可)
〇持ってくるもの:リコーダー・色鉛筆・楽譜(試奏希望者)

<お申し込み方法>

受付期間:615 () 715() 必着

E
メールに下記の情報を記載し、キリスト教センターまでお送りください。
①氏名
②住所
③電話番号
Eメールアドレス
⑤学校名・学年
⑥受講回数(初めて・経験あり)

※応募者多数の場合は抽選をし、725 () までに当選者にご連絡します。

|

September 04, 2015

神戸松蔭のチャペルで歌おう 1 

~時代をこえて愛されるメロディー~

20159月12 日(土)14:00開演 申し込み不要・入場無料

お話と演奏:奥村正子(本学准教授)

私たち日本人が、とても懐かしく感じたり、また愛唱している歌の中には、明治期にキリスト教の宣教師たちが讃美歌として日本に伝えた曲や、世界の多くの国で、讃美歌として歌い継がれてきた名曲がたくさんあります。それらの歌をその背景とともにご紹介し、演奏をお聴き頂きます。ご来場の皆様もパイプオルガンの伴奏で、是非ご一緒に歌って下さい。

チャペルや讃美歌は初めてという方も、いつも教会で讃美歌を歌っているという方も、歓迎致します。豊かな響きの神戸松蔭チャペルで、楽しい時間をお過ごし下さい。

 

演奏曲:アメイジング・グレース、庭の千草、アニー・ローリー、ジュピターなど

 

Photo
お問い合わせ:神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター 

                              078-882-6124


※自家用車での来学は、ご遠慮ください。

|

August 03, 2015

夏期休暇期間中のオルガンの貸出について

学内行事、コンサート、結婚式等のイベントや礼拝準備のため、夏期休暇期間中のチャペル及び大オルガン、練習用オルガンの貸出はございません。
ご了承ください。

|

April 27, 2015

神戸松蔭のオルガンを知ろう 1

「オルガンの笛~色彩豊かな音色の数々」

201574日(土)14:00開演 申し込み不要・入場無料

お話と演奏:伊藤 純子(本学非常勤講師)

  多彩な音色を出すパイプオルガンの笛について、

  解説を聴き、笛の音色紹介を兼ねた

  ミニコンサートをお聴きいただきます。

 様々な音色に耳を傾け、

  笛の特色について肌で感じてみましょう。

 終演後にオルガン見学会(16時終了予定)を行います。

    J.クラーク:トランペットヴォランタリー

    J.S.バッハ:「主よ人の望みの喜びよ」

    R.カーリー:「きらきら星」による変奏曲  ほか

 

  お問い合わせ:神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター 

                              078-882-6124

 小学校ご入学前のお子様のご来場はご遠慮ください。

 自家用車での来学はご遠慮ください。

Dsc_336711

 

 

|

January 16, 2015

オルガンの貸し出しについて

学内行事および行事のため、今年度の授業期間終了後の、大オルガン及び練習用オルガンの貸し出しはございません。

ご了承ください。

|

October 24, 2014

~学生スタッフと共に作り上げる結婚式2015~挙式者募集のお知らせ

神戸松蔭女子学院大学のチャペル奉仕グループは、日々の学校生活の中で、お昼の礼拝や学内外での様々な行事に参加しています。その中でも大切な礼拝のひとつである「結婚式」では、挙式当日のサポートを“ブライダル・キャプテン”が中心に行っています。

2015年3月29日(日)のオープンキャンパス開催日に、公募制の結婚式を実施することが決定しました。
この結婚式では、結婚式を挙げるカップルのために神戸松蔭ならではの企画を実施し、思い出に残る結婚式に出来るように、学生たちで制作・サポートをしていきます。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。



詳細はこちら↓
「wedding2015.pdf」をダウンロード


申込書はこちら↓
「ordersheet_2015.pdf」をダウンロード

Wedding

|

August 28, 2014

9月6日オルガン・マスタークラスの受講曲目について

9月6日に本学客員教授の鈴木雅明氏を講師にお招きし、今年度第2回目のオルガン・マスタークラスを開催いたします。
課題「J.S.バッハ~ライプツィヒ・コラール~」の中から受講生が受講する曲目は以下の通りです。参加者される方は各自楽譜をご用意ください。(受講者および聴講者の募集は締め切っております。)

◎必ずレッスンされる曲
An Wasserflussen Babylon BWV653
Schmucke dich BWV654
Herr Jesu Christ,dich zu uns wend BWV655
O Lamm Gottes unschuldig BWV656
Von Gott will ich nicht lassen  BWV658a
Nun komm,der Heiden Heiland BWV660
Allein Gott in der Höh sei Ehr BWV662
Komm, Heiliger Geist BWV651

○レッスンされる可能性がある曲
Wenn wir im hoechsten Noeten sein BWV668a

★参加者の皆様への追加のお知らせ:
9月6日(土)は、夏期休暇期間中のため大学の食堂は営業しておりません。また、大学周辺にも飲食店はございません。恐れ入りますが、昼食ご持参の上、お越しくださいますようお願いいたします。(飲み物の自販機はございます。)
ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

|

July 28, 2014

夏期休暇期間中のオルガン練習使用について

夏期休暇期間中は、「音楽実技Ⅱ、Ⅲ」を履修している学生・科目等履修生、これらの過程を終了した方、音楽大学等でオルガンを専攻された方(審査が必要です)を対象に、チャペルの大オルガンおよび練習用オルガンを予約制で練習使用することができます。詳細は以下の通りです。

①8月4日~9月22日は、大オルガン・練習用オルガンとも練習使用は全て予約制となります。この期間の大オルガンでの練習は、原則として1回1時間単位で一人最大8月は2時間、9月は2時間までとします。1時間単位であれば連続でも別日程でもかまいません。利用時間は午前9時~午後4時です。
②練習予約は、7月30日(水)午前9時より8月分、8月28日(木)午前9時より9月分の受付を開始いたします。予約受付後の変更・追加・取消し等は、職員の出勤日に随時受け付けます。
③無断キャンセルの場合は、キャンセル料を徴収させていただく場合がございます。
④練習用オルガンでの練習は、キリスト教センター職員の出勤日のみとし、当日の午前9時より受け付けます。
⑤夏期休暇期間中のキリスト教センター開所時間は、月~金・午前9時~午後4時45分です。
⑥8月11日(月)~17日(日)は盛夏休暇のため使用できません。その以外の期間につきましても行事等により使用できない日程・時間帯がございます。
⑦オルガンの使用料は、本学学生および音楽実技を履修している科目等履修生は免除、その他の方は、1時間につき大オルガン: \1,500、練習用オルガン:¥500といたします。本館2階の「証明書自動発行機」にて使用料金をお支払いの後に「納付書・領収書」をキリスト教センターまでお持ちください。

|

July 19, 2014

オープンハート・イルミーション点灯します!

2013年度より灘区との連携事業で、本学キリスト教センターのチャペル奉仕学生らによる摩耶山活性化の取り組みを行っています。コンセプトは《オープンハート》
Photo
大正時代に松蔭女学校の校長だったミス・ヒュースが繰り返し生徒たちに語りかけた言葉です。「胸襟を開いて、ざっくばらんに」という意味で、明るく寛容な校風として今も受け継がれており、地域に貢献するチャペル活動のモットーでもあります。

今年度の第1弾は“オープンハート・イルミネーション点灯”です。
7月19日(土)~8月31日(日)の午後7時~午後10時まで、六甲・摩耶の麓にある本学キャンパスに直径4mのハート型イルミネーションを設置し点灯します。
Photo_3 

日本三大夜景の摩耶山掬星台からの1000万$の夜景の中に、真っ赤なハートを見つけてください。
展望台から見た大阪湾方向の夜景です。オープンハートがどこにあるかわかりますか?
Photo_4

アップにするとこんな感じです。今年は昨年より直径を1m大きくし、点滅するライトを追加したので探しやすくなりました!天候に恵まれて1000万$の夜景の中にオープンハート見つけることのできたカップルは???
Photo_5

また、第2弾は、8月23日(土)12時~摩耶山掬星台での“オープンハートそうめん流し”です。地元神戸で作られている「灘目素麺」を使ったそうめん流しです。手打ちパスタの《オープンハート》がキャッチできれば「ラブラブ双眼鏡」をプレゼント!

そのためのリハーサルを7月16日(水)にキャンパスで行いました。
2014

先着100名様(参加費\100)です。夏でも涼しい摩耶山掬星台での「オープンハートそうめん流し」お越しをお待ちしております。
Photo_7  20142

詳細はこちら

|

June 14, 2014

夏休み子どもわくわくスクール「パイプオルガンにさわってみよう!」参加者募集

夏休みの小学生大集合!パイプオルガンを近くで見て、しくみを知ってミニコンサートで色々な音に包まれて、
歌をいっしょに歌って、最後にひとりずつオルガンのイスに座って音を出してみよう♪

日時:2014年8月2日(土)
 1回目:11時~12時 2回目:15時~16時(1回目と2回目は同じ内容です)
場所:神戸松蔭女子学院大学チャペル
対象:小学校3~6年
定員:各回 子ども20名(保護者同伴可)
参加費:無料
お話・演奏:伊藤純子(本学非常勤講師)
持ってくるもの:リコーダー、色鉛筆、楽譜(試奏希望者)
申し込み方法:受付期間:6月9日(月)~7月7日(月)必着
Eメールに下記の情報を記載し、キリスト教センターまでお送りください。
①氏名 ②住所 ③電話番号 ④Eメールアドレス、⑤学校名・学年
⑥希望時間(11:00の回、15:00の回) ⑦受講回数(初めて・2回目)
※応募者多数の場合は抽選をし、7月15日(火)までに当選者にご連絡いたします。

主催・お問い合わせ:神戸松蔭女子学院大学 キリスト教センター
お問い合わせ・お申込みは こちら
詳細はこちらこちら

|

March 03, 2014

チャペル・オルガン春期練習貸出のご案内

・3月10日(月)~28日(金)まで日時予約制でチャペルのオルガンの練習貸出をいたします。
 この期間は、音楽実技の受講生のみならず過去に本学の音楽実技を履修した方や専門的にオルガンを学ばれた方(キリスト教センターによる審査あり)も対象とします。
 原則として一人2時間までとします。電話による予約申し込み受け付けは、3月6日(木)午前9時から開始します。
・貸出は月~金の午前9時~午後5時です。行事等で利用できない日程がございます。
・チャペルの大オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は1時間につき¥1,500です。
 練習後にキリスト教センターにてお支払いください。
・練習用オルガンは、使用日当日の午前9時よりお電話にて受け付けます。貸出は月~金の午前10時~午後5時です。
 行事等で利用できない日程がございますので、予めご確認ください。
・練習用オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は1時間につき¥500です。練習後にキリスト教センターにてお支払いください。

・都合により練習時間を変更・取消していただく場合がございますので、ご了承ください。

電話:078-882―6124(直通)

|

August 22, 2013

8月31日「オープンハートそうめん流し」中止のお知らせ

本日、8月31日(土)に摩耶山掬星台にて予定しておりました「オープンハートそうめん流し」ですが、荒天が予想されるため、中止させていただきます。悪しからずご了承くださいますようお願いいたします。

|

July 26, 2013

夏期休暇期間のオルガン練習について

夏期休暇期間中は、「音楽実技Ⅱ、Ⅲ」を履修している学生・科目等履修生、これらの過程を終了した方、音楽大学等でオルガンを専攻された方(要審査)を対象に、チャペルのグランド・オルガンおよび練習用オルガンを予約制で練習使用することができます。詳細は以下の通りです。

①8月5日~9月13日は、大オルガン・練習用オルガンとも練習使用は全て予約制となります。この期間の大オルガンでの練習は、原則として1回1時間単位で一人最大8月は3時間、9月は2時間までとします。1時間単位であれば連続でも別日程でもかまいません。利用時間は午前9時~午後5時です。
②練習予約は、8月1日(木)午前9時より8月分、8月29日(木)午前9時より9月分の受付を開始いたします。予約受付後の変更・追加・取消し等は、職員の出勤日に随時受け付けます。
③無断キャンセルの場合は、キャンセル料を徴収させていただく場合がございます。
④練習用オルガンでの練習は、キリスト教センター職員の出勤日のみとし、当日の午前9時より受け付けます。
⑤夏期休暇期間中のキリスト教センター開所時間は、月~金・午前9時~午後4時45分です。盛夏休暇の他、不定期に閉所いたしますので、悪しからずご了承ください。
⑥オルガンの使用料は、本学学生および音楽実技を履修している科目等履修生は免除、その他の方は、1時間につき大オルガン: \1,500、練習用オルガン:¥500といたします。練習後にキリスト教センターにてお支払いください。
⑦外部の方で、職員不在のため使用料の支払いが出来ない場合は郵便振替
(口座番号 01100-8-29442 松蔭女子学院大学 宗教センター)にて使用後1週間以内にお支払ください。
⑧下記の期間は練習できません。
 8月12~21日 および土曜日、日曜日

神戸松蔭女子学院大学キリスト教センター
電話078-882-6124(直通)

|

July 18, 2013

摩耶山で「オープンハートそうめん流し」を行います!

灘区と連携した摩耶山活性化の取り組みとして、地元神戸で作られている灘目素麺(なだもくそうめん)を使った「オープンハートそうめん流し」を行います。
詳しくはこちら

リハーサルを兼ねて昼休みにキャンパス内でそうめん流しを行い、関係学生で試食しました。
086

江戸末期から明治にかけて本学キャンパス付近には六甲山系からの水を利用した水車がたくさんあり、「水車新田」という町名も残っています。水車で挽いた米は灘の酒造りに、小麦は素麺作りに使用されました。「灘目素麺」は神戸海軍操練所を率いた勝海舟や塾頭だった坂本龍馬、初代兵庫県知事だった伊藤博文らも好んで食したと伝えられています。
また、灘目素麺作りに出稼ぎに来ていた播州龍野の人々が素麺作りの技術を習得して播州素麺ができたと言われています。
今回は神戸市北区でこの伝統を引き継いで素麺を製造されている(株)北神食糧さんの灘目素麺を使用します。
P7187211

初めてそうめん流しを体験した学生もおり、流れてくるそうめんをキャッチする面白さや、競って食べるそうめんの予想以上の美味しさに本番への期待も高まりました。
122

「めんつゆ」も地元にこだわりました。水道筋商店街にあるうどん店「な也」さんにめんつゆを作っていただくようお願いしました。摩耶ケーブル駅から阪急王子公園駅を経由して灘駅に行く「坂バス」は、「な也」のある水道筋商店街も経由します。
「な也」の詳細はこちらl

8月24日(土)12時、13時、14時に各回30名程度の定員で実施します。摩耶山掬星台へのお越しをお待ちいたしております。
034

|

オープン・ハート・イルミネーション点灯中です!

灘区と連携した摩耶山活性化の取り組みとして、六甲・摩耶山の麓にある本学キャンパスに大型のハートのイルミネーションを設置し、7月1日から8月31日の午後7時~10時まで点灯しています。
点灯に先立ち、事務局スタッフとチャプレンで、大正時代に松蔭女学校の校長だったミス・ヒュースが生徒たちに繰り返し語った言葉 ”Open heart!” にちなんだ「オープン・ハート・イルミネーション」がよりよく用いられ、本学の学生と教職員が「心を開いて」神様と人に仕えることができるように祈りました。
Dsc01670_2 
摩耶山上の掬星台からの夜景は日本三大夜景のひとつで、「1000万$の夜景」とも呼ばれています。その中にオープン・ハートを見つけてください。掬星台のどちらの展望台からも見えます。決して大きくはありませんが、天気さえよければ、「オープン・ハート」が見つかるはずです。
1dx_450
山上のCafé Maya view terrace 702 に双眼鏡も置いてあります。カフェの窓際の席でも東側なら見える位置にあります。
P7187205
運良くオープン・ハート♡を見つけられたカップルは・・・ 
1dx_454 
そのあたりはなんとも申し上げられませんが、お互いに「心を開く」ことは、一番大切なことですね!
1dx_446_2

|

April 04, 2013

2012年度学位記授与式が行われました

3月20日に2012年度学位記授与式が本学体育館で行われました。
チャペル前には朝早くから袴姿の卒業生が記念撮影のため集まります。
Gr1
開式の前には体育館に向かう袴姿の卒業生で「松蔭坂」が埋め尽くされます。
Gr2_2
礼拝形式で行われる学位記授与式は、十字架を先頭にチャペル奉仕学生らによるプロセッション(入堂)で始まります。
Gr3
チャペルのポジティフ・オルガンを会場に運び、オルガンの伴奏で聖歌を歌います。
Gr4
学長式辞。東日本大震災で被災され2011年9月にチャペルで結婚式を行った佐久間さんご夫妻が卒業生のためのメッセージ・バルーンを送ってくださり、そのお祝いの言葉で締めくくられました。
Gr5
学長の式辞はこちら
卒業生に神様の祝福と導きがあるように日本聖公会神戸教区の中村主教が祝祷します。
Gr61
式後に教室に分かれて、卒業証書を受け取り、学外団体からの表彰者の表彰式をチャペルで行いました。
Gr8 
チャペル入口には、佐久間さんからのメッセージ・バルーンを飾りました。
ご卒業おめでとうございます。神様の導きと祝福が卒業されるお一人お一人の上に豊かにありますように!
Gr7_2 

|

March 06, 2013

春期のオルガン練習貸出について

・3月29日(金)まで日時予約制でチャペルのオルガンの練習貸出をいたします。
 この期間は、音楽実技の受講生のみならず過去に本学の音楽実技を履修した方や
 専門的にオルガンを学ばれた方(本学講師による審査あり)も対象とします。
 原則として一人3時間までとします。電話による予約申し込み受け付けは、3月7日(木)
 午前9時から開始します。

・貸出は月~金の午前10時~午後4時です。行事等で利用できない日程がございます。


・チャペルの大オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方
 は1時間につき\1,500です。
 練習後に宗教センターにてお支払いください。

・練習用オルガンは、使用日当日の午前9時よりお電話にて受け付けます。
 貸出は月~金の午前10時~午後4時です。
 行事等で利用できない日程がございますので、予めご確認ください。
 
・練習用オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は
 1時間につき\500です。
 練習後に宗教センターにてお支払いください。

・都合により練習時間を変更・取消していただく場合がございますので、ご了承ください。

お問い合わせ・お申し込み
宗教センター ℡078-882-6124

※宗教センターは4月より「キリスト教センター」に名称変更いたします。

|

December 17, 2012

小磯記念美術館ロビーコンサートのお知らせ

本学聖歌隊・オルガン奏楽者によるクリスマスコンサートが開催されます。クリスマスキャロルや小磯先生がお好きだった讃美歌もご紹介し、皆様とクリスマスをお祝いしたいと思っております。
また、小磯良平先生は、1930年、27歳の年から松蔭高等女学校で講師をされておられました。当時の小磯先生と松蔭洋画同好会の学生達のなごやかな様子の写真も展示されています。
皆様のお越しをお待ちしております。
場所:神戸市立小磯記念美術館(東灘区向洋町中5-7)
日時:12月22日(土)午後2時~
入館料:大人=1000円、高校・大学生=750円、小・中学生=500円
演奏曲目:W.A.モーツアルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
       きよしこの夜 ほか
小磯記念美術館の詳細はこちら
Christmas2012c

|

November 24, 2012

クリスマスツリー点灯式を行います

クリスマスツリー点灯式:11月29日(木)午後5時開始

クリスマスの4週間前から《アドヴェント》(降臨節)というクリスマスを待ち望む期間になります。神戸松蔭では、チャペル前のクリスマスツリーを参加者全員でカウントダウンして点灯し、クリスマス・シーズンの幕開けとします。参加者にはささやかな一足早いクリスマス・プレゼントをご用意いたしております。どうぞお越しください。
Treelightup
今年のイルミネーションは、本学院創立120周年を記念して「オープン・ハート」をテーマとしています。大正時代に松蔭高等女学校の校長をしたミス・ヒュースは、生徒に「オープン・ハート」(胸襟を開いて、ざっくばらんに)と呼びかけました。これは教師と生徒が分け隔てなく親しみ、尊敬し合うことの呼びかけであり、明るく、寛容な校風として現在に引き継がれています。私たちの中にある「人とつながりたい、人の助けになりたい」という気持ちを「オープン・ハート」のイルミネーションで表現しました。
摩耶山の魅力アップ事業連携として、大学キャンパスのテニスコートに高さ3mのハートのイルミネーションを設置し、摩耶山上に向けて11月23日から先行点灯しています。摩耶山上からも松蔭女子学院の「オープン・ハート」を是非見つけてください。
Openheart3

|

November 15, 2012

「オープン・ハート」のイルミネーションを点灯します

摩耶山の魅力アップ事業として灘区と連携して、大学キャンパスから摩耶山上に向けて、ハートのイルミネーションを設置します。
摩耶ケーブルの開業と同じ大正時代に、松蔭高等女学校の校長をしたミス・ヒュースは、生徒に「オープンハート」(胸襟を開いて、ざっくばらんに)と呼びかけました。これは教師と生徒が分け隔てなく親しみ、尊敬し合うことの呼びかけであり、明るく、寛容な校風として現在に引き継がれています。
私たちの中にある「人とつながりたい、人の助けになりたい」という気持ちを「オープンハート」のイルミネーションであらわしています。
摩耶山上から、創立120周年を迎えた松蔭女子学院の「オープンハート」を見つけてください。

「オープンハート」点灯期間:
2012年11月23日(金) ~ 12月25日(火) (17:00~21:00 点灯)


Photo

イメージ画像です。 Photo_2

|

August 04, 2012

夏期休暇期間のオルガン練習について

夏期休暇期間中は、「音楽実技Ⅱ、Ⅲ」を履修している学生・科目等履修生、これらの過程を終了した方、音楽大学等でオルガンを専攻された方(要審査)を対象に、チャペルのグランド・オルガンおよび練習用オルガンを予約制で練習使用することができます。詳細は以下の通りです。

①8月6日~9月21日は、大オルガン・練習用オルガンとも練習使用は全て予約制となります。この期間の大オルガンでの練習は、原則として1回1時間単位で一人最大4時間までとします。1時間単位であれば連続でも別日程でもかまいません。利用時間は午前9時~午後4時です。
②練習予約受付は、8月6日(月)午前9時より開始いたします。8月分、9月分の練習予約をまとめて受け付けます。予約受付後の変更・追加・取消し等は、職員の出勤日に随時受け付けます。
③無断キャンセルの場合は、キャンセル料を徴収させていただく場合がございます。
④練習用オルガンでの練習は、宗教センター職員の出勤日のみとし、当日の午前9時より受け付けます。
⑤夏期休暇期間中の宗教センター開所時間は、月~金・午前9時~午後4時45分です。盛夏休暇の他、不定期に閉所いたしますので、悪しからずご了承ください。
⑥オルガンの使用料は、本学学生および音楽実技を履修している科目等履修生は免除、その他の方は、1時間につき大オルガン: \1,500、練習用オルガン:¥500といたします。練習後に宗教センターにてお支払いください。
⑦外部の方で、職員不在のため使用料の支払いが出来ない場合は郵便振替
(口座番号 01100-8-29442 松蔭女子学院大学 宗教センター)にて使用後1週間以内にお支払ください。
⑧練習が可能な日程につきましては、裏面をご参照ください。

神戸松蔭女子学院大学宗教センター
電話078-882-6124(直通)

|

June 07, 2012

 「被災地に身を置くことから始めよう」参加者募集のお知らせ

8月27日(月)~30日(木)に、宮城県仙台市・周辺地域の被災地訪問とボランティア活動のプログラムを実施します。
参加希望者は、宗教センターまでお申し込みください。

日 時:8月27日(月)~30日(木)3泊4日

交通手段:大阪(伊丹)空港=仙台空港(往復飛行機利用) その他、公共交通機関など

宿泊予定地:青葉静修館(宮城県仙台市青葉区)、室根聖ナタナエル教会(岩手県一関市) 

内容:8月27日(月) 9時頃:大阪(伊丹)空港出発 午後:仙台市周辺視察およびオリエンテーション&開会礼拝
    8月28日(火)ボランティア活動① 訪問先:宮城県仙台市および周辺地域
    8月29日(水)ボランティア活動② 訪問先:宮城県仙台市および周辺地域
    8月30日(木)振り返りと閉会礼拝、プチ観光  19時頃:大阪(伊丹)空港にて解散

費用:2万円(現地交通費および食費を含む。往復航空運賃と宿泊費相当を大学が補助します)

参加希望者は宗教センターにある申し込み用紙に記入の上、6月29日(金)16時までに宗教センターに提出すること。
個人面談を行い、健康状態などを考慮し、定員10名を上限に参加者を決定します。
6~8月に数回、ボランティアの心得やボランティアに行く場所などについての事前研修を行います。
これらの事前研修にも必ず参加することが条件です。日程詳細は後日通知します。

※大阪(伊丹)=仙台の往復は団体割引の航空券を利用します。いかなる理由であっても正式申し込み(7月中旬)後に
キャンセルした場合は、航空運賃実費(最大\39,000程度)を負担していただきます。

企  画:宗教センター   
松蔭GP責任者:奥村正子(宗教主事)
チャプレン:小南晃、坪井智
職員スタッフ:緋田吉也、山科まゆ

募集リーフレットはこちら
参加申し込み書はこちら

|

February 17, 2012

春期のオルガン練習使用について

2月20日(月)から3月30日(金)まで、本学でオルガンを学ばれた方と音楽大学等で
オルガンを専門に学ばれた方(要審査)を対象に予約制でチャペルの大オルガン練習使用を認めます。
原則として一人5時間までとします。
2月分の予約申し込み受け付けを2月17日(金)午前9時から開始します。
3月分の予約申し込み受け付けは、2月27日(月)午前9時から開始します。

スケジュール詳細についてはお電話にてお問い合わせください。
・大オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は1時間につき\1,500です。
練習後に宗教センターにてお支払いください。
・練習用オルガンは、月~金の9時~17時とします。(職員が出勤している場合に限ります。)
当日9時より電話にて受け付けます。
・練習用オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は1時間につき\500です。
練習後に宗教センターにてお支払いください。

※行事等によりご予約いただいた練習時間を変更・取り消ししていただく場合もございますので、ご了承ください。

○予約お申し込み・お問い合わせは宗教センター ℡078-882-6124 まで

|

February 07, 2012

東日本大震災チャリティーコンサート&シンポジウムのご案内

東日本大震災から1年の節目を迎えるにあたり、東北にゆかりのある音楽家と阪神淡路大震災を経験した音楽家によるチャリティーコンサートと震災シンポジウムを通して、絆、祈りと慰めを分かち合いたいと願っています。
フランソワ・クープランの『ルソン・ド・テネブル』は、旧約聖書「エレミアの哀歌」を歌う18世紀フランス声楽作品中屈指の名曲。エルサレム崩壊を嘆く預言者エレミアの姿と大震災の惨事を目の前に立ちつくす私たちの祈りが重なります。
シンポジウムでは、震災から1年を経て、現地からの報告を聞き、支援のあり方を考えます。
コンサートの収益および休憩中に開催する学生ボランティア・カフェの売上は、東日本大震災復興支援のための義援金といたします。

日時:3月10日(土)13時~16時

第1部  13時開演 
場所:神戸松蔭女子学院大学チャペル 入場料:¥3,000
○チャリティーコンサート~エレミアの哀歌~歌とオルガンによる祈りのひととき
演 奏:今井奈緒子(オルガン、東北学院大学教授、BCJメンバー)
鈴木美紀子(ソプラノ、宮城学院女子大学卒、ベルギー王立リエージュ音楽院卒)
緋田芳江 (ソプラノ、京都市立芸術大学大学院卒、BCJメンバー)
頼田 麗(ヴィオラ・ダ・ガンバ、バーゼル・スコラ・カントルム卒)
曲目:F.クープラン:ルソン・ド・テネブル(エレミアの哀歌)
    N.de.グリニー:オルガン・ミサ曲よりティエルス・アン・タイユ 他

第2部  14時30分~16時00分 
場所:神戸松蔭女子学院大学734教室 参加費無料
○震災シンポジウム「東日本大震災一周年 被災地の現状と復興支援(仮題)」
司会:勝村弘也(神戸松蔭女子学院大学教授・宗教主事)
パネラー:
岩村義雄(神戸国際支縁機構代表・神戸国際キリスト教会牧師)
今井奈緒子(東北学院大学教授・オルガニスト)
菅澤順子(神戸松蔭女子学院大学非常勤講師)

主催・ご予約・お問い合わせ:
神戸松蔭女子学院大学宗教センター
657-0015 神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1
℡078-882-6124 FAX078-882-6136

お車での来場はご遠慮ください。

|

January 11, 2012

第4回オルガン・マスタークラス受講曲目について

1月21日(土)に開催されます、E.ベロッティ氏によるオルガン・マスタークラスの受講曲目が確定いたしました。楽譜は各自ご用意くださいますようお願いいたします。なお、受講・聴講とも受付は終了しております。悪しからずご了承ください。

受講曲目

J.S.BACH & FRESCOBALDI
 1)- “Nun komm der Heiden Heiland” BWV599 

 2)- “Das alte Jahr vergangen ist” BWV614

Fiori Musicali
 3)- Messa della Madonna
                                       

J.S.BACH & CANZONA, ARIA
 
 4)- Canzona d‒moll BWV588

 5)- Pasquini: Ricercare con la fuga in più modi

J.S.BACH &CORELLI ‒ ALBINONI

 6)- Fuga su tema di Albinoni BWV950

J.S.BACH & VIVALDI – MARCELLO
 
 7)- Praeludium et Fuga in a BWV 543

 8)- Concerto d-moll nach Marcello BWV 974*

 9) - Toccata, Adagio und Fuge C-dur BWV564

|

December 21, 2011

エドワルド・ベロッティ・オルガン・マスタークラス受付終了のお知らせ

2012年1月21日のエドワルド・ベロッティ・オルガン・マスタークラスですが、受講・聴講とも定員に達しましたので、申込受付を終了させていただいております。悪しからずご了承ください。

|

November 09, 2011

11月19日のオルガンマスタークラス受講曲目について

11月19日(土)に開催いたします第3回神戸松蔭オルガンマスタークラス「北ドイツ学派とJ.S.バッハの音楽」(講師:鈴木雅明)の
受講生が演奏する曲目は以下の通りです。
受講・聴講される方は各自で楽譜をご用意ください。
※受講および聴講は申込受付を終了いたしております。悪しからずご了承ください。

(都合により変更になる場合があります)

 ・J.P.Sweelink:Toccata in a

 ・S.Scheidt:"A solis ortus cardine"

 ・H.Scheidemann:"Christ lag in Todesbanden"

 ・D.Buxtehude:"In dulci jubilo"BuxWV197

 ・D.Buxtehude:"Wie Schoen leuchtet der Morgenstern" BuxWV223

 ・D.Buxtehude:Toccata F-dur BuxWV157 

 ・D.Buxtehude : Praeludium g-moll BuxWV149
 
 ・D.Buxtehude:Praeludium D-dur BuxWV139

  ・D.Buxtehude:Passacaglia  BuxWV161 

  ・G.Boehm :"Freu dich sehr, O meine Seele"

 ・N.Bruhns :"Nun komm, der Heiden Heiland"

 ・N.Bruhns:Praeludium in g

 ・J.S.Bach:Fuga g-moll  BWV578

 ・J.S.Bach:Praeludium et Fuge in a BWV543

 ・J.S.Bach:Praeludium et Fuge E-dur  BWV566
 
 ・J.S.Bach:Fantasia et Fuga in g  BWV542

|

November 01, 2011

神戸ルミナリエ2011演出音楽の録音が行われました

神戸ルミナリエの会場で流されるオリジナル音楽を毎年チャペルで録音しています。
作曲は、テレビドラマ「黒革の手帳」「1リットルの涙」などの音楽を担当した上田益(うえだ すすむ)さんです。
点灯の瞬間に流れる音楽を含め3曲のオリジナル曲を録音しました。
演奏は、宗教センター専門職員の緋田が所属するアンサンブル・ヴォックス・フマーナと
阪神淡路大震災の被災者を中心に上田益さんによって結成された神戸いのりのとき合唱団です。
録音はルミナリエ開催期間中に会場で流されるほか、CDとしても販売されます。神戸新聞の取材を受け、
11月1日の朝刊に掲載されました。また、サンテレビのニュースシグナルでも取り上げられる予定です。
今年のルミナリエは12月1日から12日に開催されます。光だけではなく音楽にも耳を傾けていただければ幸いです。

Luminarie2011rec

|

August 06, 2011

夏期休暇期間中のオルガン練習と予約について

8月10日~9月22日は、「音楽実技Ⅱ、Ⅲ」を履修している学生・科目等履修生、これらの過程を終了した方、音楽大学等でオルガンを専攻された方(要審査)を対象に、チャペルのグランド・オルガンおよび練習用オルガンを予約制で練習使用することができます。詳細は以下の通りです。

① 大オルガンでの練習は原則として4時間までとします。利用時間は午前9時~午後4時です。8月9日(火)午前9時より練習予約をお電話にて受け付けます。予約受付後の変更・追加・取消し等は、職員の出勤日に随時受け付けます。
②   練習用オルガンでの練習は、宗教センター職員の出勤日のみとし、当日の午前9時より受け付けます。
③   夏期休暇期間中の宗教センター開所時間は、月~金・午前9時~午後4時45分です。盛夏休暇の他、不定期に閉所いたしますので、悪しからずご了承ください。
④  宗教センター閉所の場合は、守衛室にてオルガン操作キーの受け渡しを行ってください。
⑤  オルガンの使用料は、本学学生および科目等履修生は免除、その他の方は、1時間につき大オルガン: ¥1,500、練習用オルガン:¥500といたします。練習後に宗教センターにてお支払いください。
⑥   外部の方で、職員不在のため使用料の支払いが出来ない場合は下記口座にお振込みください。
*郵便局から振込の場合→01100 8 029442  松蔭女子学院大学宗教センター
*他行から振込の場合→ゆうちょ銀行 9900 店名一一九店  店番119 当座預金0029442
                               口座名義:松蔭女子学院大学宗教センター

練習予約受付日:8月9日(火)午前9時~

練習可能の日程についてはこちらをご参照ください。「2011.pdf」をダウンロード

|

July 26, 2011

東日本大震災チャリティーコンサートのご案内

「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい(ローマ12:15)」この聖書の言葉を胸に、
阪神地区にある聖公会関係大学の礼拝音楽に携わる教職員・学生によるチャリティーコンサートを開催し、
東日本大震災被災者の方々に音楽を通じて寄り添いたいと願っています。チケットの売上および会場募金、
ボランティア・カフェの収益は神戸新聞厚生事業団を通じて、被災者のための義援金といたします。

出演者・団体:神戸松蔭女子学院大学聖歌隊   指揮・独唱:喜多ゆり
       :神戸松蔭女子学院大学オルガン奏楽者
       :神戸国際大学 オルガニスト:伊藤純子
       :桃山学院大学聖歌隊  指揮:伊藤隆章 オルガニスト:松原晴美先生

日  時:2011年8月6日(土)16時開演
    
場  所:神戸松蔭女子学院大学チャペル

入場料:\1,000

曲目:
 J.S.バッハ:「我ら苦難の極みにある時も」(オルガン・ソロ)
 G.フレスコバルディ:「音楽の花束」より(オルガン・ソロ)
 G.フォーレ:レクイエムよりピエ・イエズ(ソプラノ・ソロ)
 J.ラター: 「主があなたに御顔を向け」(合同演奏)
 源田俊一郎 編曲:「ふるさとの四季」(桃山)
「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」(神戸松蔭)他

※お車でのご来場はお断り申し上げます。

Shoinchoir01

|

July 15, 2011

第2回オルガン・マスタークラス中止のお知らせ

7月16日(土)に予定しておりました長谷川美保氏によるオルガン・マスタークラスですが、
講師急病のため中止いたします。
改めて開催するかどうかは現時点では未定です。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

|

June 03, 2011

「東日本大震災で被災したカップルの挙式者」を募集

「東日本大震災で被災したカップルの挙式者」を募集
この度の東日本大震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
本学チャペルでの結婚式でアシスタントをしている本学の学生スタッフが、震災により結婚式をあげられないカップルのお役に立てることはないだろうか、と考えた企画です。阪神大震災から復興した神戸にある本学のチャペルで結婚式を挙げていただくことで、新しいスタートとなる新郎新婦と一緒に、被災地を応援したいと願っています。

内容は、ファッション・ハウジングデザイン学科の教員と学生がデザイン・制作する手作りのウエディングドレスを無料で提供し、本学のチャペルでチャプレン(牧師)の司式のもと、学生の運営による手作りのキリスト教式結婚式を挙げていただきます。チャペルは美しい音響によって神戸ルミナリエの会場演出音楽の録音場所ともなっており、結婚式を彩るオルガン演奏は18世紀のパリの様式を再現したパイプオルガンを使用いたします。また、学生オリジナルの神戸観光マップも作成し、学生の企画に賛同をいただいている宿泊施設に無料で滞在していただき、新婚旅行を兼ねた神戸観光も楽しんでいただければと考えています。
詳しくは、下記の要領をご参照ください。

 挙式日時: 2011年9月19日(月・祝)14:00~
 挙式場所: 神戸松蔭女子学院大学チャペル
 対象者: 東日本大震災で被災したカップル
 応募条件: 8月中に1回、結婚式事前打ち合わせのために本学までお越しいただけること。

 挙式料金: 無料
※含まれるもの 挙式料、新婦衣裳(本学制作ウエディングドレス)、新婦ヘアメイク、ブーケ、ブートニア、新郎衣裳(レンタル衣裳)、交通費・宿泊費(結婚式打ち合わせ時+結婚式当日宿泊費)
 
募集期間: 2011年6月2日(木)~7月20日(水)当日消印有効
応募方法: お二人がこの場所で結婚式を挙げたい理由・ご事情などを400字程度ご記入のうえ、
      お二人の住所・氏名・年齢・電話番号、お二人の写真を添えてプロジェクト宛に
郵便またはメールでご送付ください。
 ※応募者多数の場合は、本学プロジェクトメンバーで選定させていただきます。

●ご応募・問い合せ先
  神戸松蔭女子学院大学 宗教センター内 
「東日本大震災の影響で結婚式をあげられなかったカップル募集」プロジェクト係
  〒657-0015 神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1
  ℡078-882-6124 FAX078-882-6136

メールでのお問い合わせはhttps://ksw.shoin.ac.jp/chapel/secure/form/?to=shukyo

Chapelwedding01

|

May 23, 2011

5月28日オルガン・マスタークラスについて

講師都合により、時間を13時~19時に変更させていただきます。悪しからずご了承ください。
恐れ入りますが、受講・聴講取り消しの場合はご連絡ください。

レッスンは受講者の第1希望曲目と、時間によっては第2希望の曲目も行う場合があります。

「オルガン小曲集」(BWV599-644)より
Nun komm der Heiden Heiland BWV599
Der Tag ist so freudenreich BEV605
O Lamm Gottes, unschuldig BWV618
O Mensch, bewein dein Suende gross BWV622
Christ lag in Todesbanden BWV625
Ich ruf zu dir Herr Jesu Christ BWV639
Wenn wir in hoechsten Noeten sein BWV641
Wer nur den lieben Gott laeste walen BWV642

「18のコラール集」(BWV651-668)より
Schmuecke dich,o liebe Seele BWV654
O Lamm Gottes, unschuldig BWV656

「クラヴィーア練習曲集 第3部」(BWV669-689)より
Wir glauben all an einen Gott BWV680
Aus tiefer Not schrei ich zu dir BWV686

その他 コラール編曲(BWV714-765)
Meine Seele erhebt den Herren BWV733

第2希望の受講曲目
Das alte Jahr verbgangen ist BWV614
In dir ist Freude BWV615
Vater unser im Himmelreich BWV636
Kommst du nun,Jesu,vom Himmel herunter BWV650
Herr Jesu Christ,dich zu uns wend BWV655
Allein Gott in der Hoe sei Ehr BWV662
Dies sind die heiligen zehen Gebot BWV678
Liebster Jesu, wir sind hier BWV731

|

April 14, 2011

十字架と復活学内Tour ~闇から光へ~のご案内

*十字架 TOUR 
日時:4月21日(木)12時40分~13時00分
チャペル前に集合し、学内某所(?)にある十字架までの道行きのTOURです。
みんなでキャンパス中央の坂を上りながら、イエスの十字架への道を想いましょう。
「イエスよ、み国に、おいでになるときに、わたしを思いだしてください」
(JESUS, REMEMBER ME WHEN YOU COME INTO YOUR KINGDOM ) 
参加者には、坪井チャプレン特製の「十字架クッキー」を差し上げます!

*復活 TOUR
日時:4月28日(木)12時30分~13時00分
チャペル前に集合し、イースターの賛美歌を歌いながら、
学内各所を巡り、新しい生命の象徴である「イースターエッグ(復活祭たまご)」を、
神戸松蔭の教職員・学生にプレゼントするTOURです。
「ハレルヤ、ハレルヤ、イエスのよみがえり、ハレルヤ、ハレルヤ、喜び歌え!」

◇本学の学生・教職員は、どなたでもお気軽にご参加ください。
参加申し込みは必要ありませんので、当日、集合場所に来てください。
みなさんとご一緒の「十字架と復活の学内TOUR」を
楽しみにお待ちいたしております。

|

April 07, 2011

東日本大震災に関するお祈りと報告会のご案内

震災から1ヶ月たちますが、下記の要領で「東日本大震災に関するお祈りと報告会」を開催します。
今週末、聖公会の被災避難所となっている小名浜聖テモテ教会
(福島県)を訪問する藤井チャプレンからの現地報告と
チャリティーカフェ(1杯=300円+α・売り上げは
全額学内募金に捧げます)です。
本学の教職員・学生対象です。是非、ご参加下さい。

日時:4月11日(月)午後5時15分~午後6時
場所:4号館学生ホール(ローソン&フレッシュネスのスペースです)
内容:東日本大震災のお祈り
   現地報告(藤井チャプレン)
   チャリティーカフェ(300円+α)

|

「東日本大震災義援金」の募集について

16年前、阪神・淡路大震災で全国の方々からいただいた暖かいご支援は、
私たちの復興への大きな支えとなりました。
神戸松蔭女子学院大学では、当時の被災地として少しでもお役に立つことができればという趣旨から、
被災された学生の方々および、教育機関への支援等のため、義援金を募ることにいたしました。
この趣旨にご賛同いただける場合は、本学所定の口座にお振込くださいますようお願い申し上げます。
なお、支援先については、決定次第ホームページでご報告いたします。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

神戸松蔭女子学院大学 学長 郡司隆男

詳細はこちらhttp://www.shoin.ac.jp/news/110406.html

|

June 04, 2010

神戸聖ミカエル教会訪問&元町スイーツ・オリエンテーリング

【イベント概要】
松蔭GP「神戸松蔭平和プロジェクト」の関連イベントのご案内です。
本学と関係の深い神戸聖ミカエル教会の日曜礼拝に参列し、
礼拝後は、教会で昼食をいただき、中村院長の
「キリスト教と平和と長崎」のお話を聞き、長崎旅行研修のひとつとします。
さらに親睦を深めるため、グループに分かれて元町近辺の
指定されたケーキ屋さんで予算内のケーキを買って来るという
「元町スイーツ・オリエンテーリング」を行います。
ゴールは南京町にある神戸マリナーズセンターで、
買ってきたケーキでティーパーティーをします。
参加費は無料です。
お申し込み・お問い合わせは宗教センターまで。

※松蔭GPの長崎平和旅行の参加者は必ず出席してください。
※このイベントのみの参加も歓迎します。

【日  時】:6月13日(日)午前10時集合
【集合場所】:神戸市営地下鉄「県庁前」西口改札
【解  散】:午後5時頃(予定)南京町・神戸マリナーズセンター
【問い合わせ】:宗教センター

Chapel_2

|

May 22, 2010

ペンテコステ礼拝のご案内

イエス・キリストが十字架の死から復活され、昇天した後、残されたイエスの弟子たちに約束された「聖霊」が天からくだり、弟子たちは力強く宣教を始め、教会が誕生しました。「聖霊」は今も私たちと共にいて、共に働いてくださる神です。そのことを記念し、524日(月)~28日(金)のヌーンサービスを「ペンテコステ(聖霊降臨)礼拝」として行います。527日(木)にはチャペルを出て、チャペル前広場で礼拝を行い、参加者には聖霊の象徴である「鳩」の形のクッキーをプレゼントします。その他の曜日にお越しいただいた方には、「不思議のマリアのメダイ」(ペンダント・トップ)を差し上げます。どうぞご参加ください。

日時:524日(月)~28日(金)1240分~1300

場所:チャペル(27日のみチャペル前)

P5223810

|

April 23, 2010

3月、4月生まれの誕生日礼拝を行います

3月、4月生まれの方のために誕生日礼拝を行います。事前に誕生日はがきがご自宅に届きますので、当日ご持参ください。参加してくださった方は、礼拝の中でお名前を読みあげてお祈りいたします。また、礼拝後にチャペルで記念写真を撮り、写真をプレゼントいたします。

《3月、4月生まれ 誕生日礼拝》

日時:4月28日(水)12時40分~13時00分

場所:チャペル

Photo

(誕生日はがきの写真です)

|

April 12, 2010

十字架と復活 学内TOUR~闇から光へ~のご案内

*十字架 TOUR 

日時:4月15日(木)12時40分~13時00分

チャペル前に集合し、学内某所(?)にある十字架までの道行きのTOURです。みんなでキャンパス中央の坂を上りながら、イエスの十字架への道を想いましょう。「イエスよ、み国に、おいでになるときに、わたしを思いだしてください」(JESUS, REMEMBER ME WHEN YOU COME INTO YOUR KINGDOM ) 参加者には、坪井チャプレン特製の「十字架クッキー」を差し上げます!

*復活 TOUR

日時:4月22日(木)12時30分~13時00分

チャペル前に集合し、イースターの賛美歌を歌いながら、学内各所を巡り、新しい生命の象徴である「イースターエッグ(復活祭たまご)」を、神戸松蔭の教職員・学生にプレゼントするTOURです。「ハレルヤ、ハレルヤ、イエスのよみがえり、ハレルヤ、ハレルヤ、喜び歌え!」

◇本学の学生・教職員は、どなたでもお気軽にご参加ください。参加申し込みは必要ありませんので、当日、集合場所に来てください。みなさんとご一緒の「十字架と復活の学内TOUR」、楽しみにお待ちいたしております。

主催:宗教センター、チャペル奉仕学生グループ(シオン会、聖歌隊、奏楽者)

|

April 02, 2010

ヌーンサービス(昼の礼拝)は、4月8日(木)から始まります!

【イベント内容】

昼のひととき、チャペルでの礼拝に参加しませんか?礼拝は全ての学生・教職員に開かれています。

パイプオルガンに合わせて、聖歌隊と共に歌い、聖書の言葉に耳を傾け、祈りの時を持ちます。

今学期第1週目のテーマは「挨拶」。メッセージは、8日(木)は藤井チャプレン、9日(金)は小南チャプレンが担当です。

また、オルガン奏楽、聖歌隊、シオン会(司会・聖書朗読)をしてくれる学生を募集しています。詳細は宗教センターか直接、ヌーンサービスにお越しください。

【実施概要】

■対  象:本学の学生および教職員

■開催日時:授業期間中 月~金 1240分~1300

■会  場:チャペル

|