2021年10月 6日 (水)

東部市場との連携活動が始まりました!

  本学食物学科では、2019年に神戸市中央卸売市場東部市場の「開設50周年 東部市場フェスタ」に参加し、連携活動を行ってきました。今年は、大学生の目線から東部市場の魅力を紹介する活動をスタートさせます。

 食物栄養学科の学生ボランティアは「東部市場広報サポーター」として、東部市場の魅力を見つけて、東部市場の広報に参加していきます。

【今年度の活動予定】

・「とうぶキッチン(東部市場の料理教室)」の動画の撮影に協力

・新しいパンフレットの企画に参加

 東部市場との連携活動は、東部市場広報サポーター活動だけではなく、本学都市生活学科との連携も始まっています。

 

次の写真は、今年の活動の打ち合わせのために、東部市場を訪問した時の様子です。

〇青果部の業務の説明

03_20211006144601

〇加工場の業務の説明

35_20211006144801

〇花きのせり場

46_20211006144801

-20℃の冷凍庫体験

27_20211006144901

〇「ちりめんモンスター」を探せ!

P7170078_20211006205901


打ち合わせに参加した学生の感想です。

◎卸売市場の役割について

「卸売市場では、安定的な出荷の場所を提供することや、新鮮な食料品などを全国各地から集めて消費者へ適正な価格で届けるための流通の拠点であることを改めて学びました。

「野菜や果物、水産物などの生鮮食品を日本国内はもちろん、外国から集荷して適正な価格を付け、小売店そして私たち消費者に届けるための拠点であると学びました。」

 

 ◎卸売市場が取り組んでいること

「東部市場では、普段買い物できない一般の方でもお買い物できる日があったり、夏休みに親子市場見学会があったり、様々な取り組みをしていることを学びました。新鮮なものを安く買えるのでお買い物デーに行ってみたいと感じました。」

「市場では、せりを行う前に店で鮮度の良い食料品を提供するために、箱の中から1つ1つ目利きで判断していることを初めて知りました。」

 

◎今回の見学で印象に残ったこと

「農作物や水産物だけでなく花も扱っていることに驚きました。スイカを持たせていただいたときに初めてくらいの重さで、なかなか丸々一個のスイカを持つことがないので貴重な体験でした。若い世代の人達は、果物がカットされて置いていたり、家で食べる時は皮がむかれている状態であったりして、何も手が施されていない状態の果物や野菜、魚を見ることがほとんどないと思うので、それを学ぶという点でも市場は貴重な存在だと思いました。」

「市場は業者の人たちがセリを行うイメージが強かったのですが、親子で楽しめるイベントを行っていることを知って、とても身近に感じることができました。これからの活動が楽しみです。」

 

次は、「とうぶキッチン」の動画撮影(きのこ料理編)に参加した時の様子をお伝えします。

|

2021年8月15日 (日)

KOBE子育て応援レシピ活動報告🎶

3年生の玉田春佳さんが、KOBE子育て応援レシピの企画に参加しました💡

これは、神戸市が子育て世帯の市民の方に向けて「安い・簡単・栄養バランスがいい」レシピを動画で配信している企画です💡

今回は夏休み企画として、企業(MCC食品さん)と神戸市、大学生がコラボして、レシピを考えました🎶


↓こちらから動画を観ることができます

https://kosodate-recipe.city.kobe.lg.jp/




⭐️玉田さんから感想を頂きました⭐️

このプロジェクトに参加しようと思ったのは、企業の商品を使用し、レシピ提案することに興味があったからです。

また、3オンザライスコンテストで受賞したきっかけで、参加してほしいという依頼があり、挑戦しようと思いました

ガスパチョ風そうめんにしようと思ったのは、夏にレシピをアップするということで、夏を代表するそうめんを使用したかったからです。

『そうめんはめんつゆで食べるので飽きる💦』という家族の意見を参考にし、つゆを4種類アレンジしました。


盛付にも工夫しました💡

そうめんは水を張って食べる人が多いと思いますが、くるくるとまとめることで、少しでも外食気分を味わってもらえるようにしてみました。


大変だった点は、2つあります💡

1つ目は、簡単に作ることができるという点を強調したかったので、どうすれば調理手間を省けるかと考えたことです。

そこで、つゆはMCC食品さんの冷製スープを使用し、簡単に作れるようにしました。


2つ目は会議が授業と重なり、なかなか参加することができなかったことです。

それでも、神戸市の担当の方が丁寧に連絡してくださったので、私が望んでいるレシピ提案ができました💡

レシピ撮影日も参加することができませんでしたが、朝からZoomを繋げてくださり、プロの現場を見ることができ、学ぶことも多かったです。

実際に企業や神戸市の方と話す機会というのは初めてで、最初は緊張しましたが、様々なアドバイスをくださりました💡

特にMCC食品さんのプロの方からの意見は参考になることが多く、これからレシピ提案をする上で活かしていきたいと思いました。

他大学の学生ともZoomを通して交流することができ、皆でよりよいレシピになるように考えました🎶

他にもレシピを考えるコンテストがあるので、挑戦していきたいと思います。


⭐️玉田さんありがとうございました。これからの活躍も楽しみにしています⭐️

98d6b88636164595955522d2c8effdc54b1d0a6244c64541a5b6ba022ca8bdf88cdcd90ca662428fa66dca3fc589a612

|

2021年7月29日 (木)

フレイル予防クッキング

日時:711日(日)1330分~1600 

場所:東灘区民センター料理教室 
 
 9名の学生(34人、25人)がフレイル予防クッキングのボランティア活動に参加しました✨

フレイル予防クッキングは、高齢者の低栄養やフレイル予防に取り組んでいる神戸市東灘区社会福祉協議会のボランティアグループ(食親同好会)が主催する料理講習会で、食物栄養学科の教員が講師を務めています。 


参加した学生は、食親同好会からの要望に沿ってテーマを設定します。

3名の教員がフォローしますが、学生が主体となって献立作成と試作、当日の作業計画策定など、およそ2ヶ月をかけて計画・実施・運営までの一連の流れを実践しました。参加者の年齢や調理経験・技術、教室の調理設備・器具、作業工程・所要時間、予算、食親同好会からの要望、旬の食材の使用など、様々なことを考慮しなければならない献立作成に悪戦苦闘しました💦

 

今回の料理教室ではコロナ禍で緊急事態宣言が発令している中で準備を行う形となりました。全員が集まってミーティングや試作をする機会も少ない中各自で試作を行い、それをteamsで味、作業、見た目などの改善点を共有しました。 

 
今回のテーマは「夏の食材を使った、夏バテ予防アジア料理」です


【フレイル予防クッキング7月のメニュー】 
・ パッタイ 
・ トムヤムスープ 
・ マンゴーバナナラッシー 
 
料理教室の当日は、食親同好会のメンバーを含む20人を対象に、レシピの説明、担当グループに分かれての調理や片づけのサポートを行いました。 そして今回から新しい試みとして、作成したリーフレットの内容と栄養についての豆知識 を紹介しました。 
  
例年に比べ、準備の時間が取れなかったり、直前に人数が変更になったりと臨機応変に対応する場面が沢山ありました。計画していた通りに進まず、苦戦しました。 

また、3年生が学内実習で忙しく、2年生は3年生の分まで準備を手伝い、2回目の参加となった3年生は料理教室全体の運営を行いました。初参加の2年生にとっては不安が大きかったと思いますが、自分たちが立てた献立を参加者の皆さんが調理し、それをサポートし、共に喫食し、その評価を肌で感じられる貴重な経験になりました。 

参加者の皆さんに「美味しかった、楽しかった、ありがとう」と言われたときは大変ながらも頑張ってよかったと思いました。

思うように行かないことも沢山あり、改善点が多くありましたが次回以降のフレイル予防クッキングに繋げていきたいです 

Cf4a5f3d639d4d9ca31d580c391cfb29

|

2021年6月30日 (水)

第37回兵庫県栄養改善研究発表会 努力賞受賞

 この度、2020124日に開催されました第37回兵庫県栄養改善研究発表会で

溝畑ゼミが、努力賞を受賞いたしました。

  受賞した発表テーマは下記の通りです。

 〇入院患者、女子学生におけるカルシウム摂取量

 〇栄養指導介入前後における栄養摂取量の推移

 

Dscf1697

Dscf1692

 

|

2021年5月12日 (水)

受賞のお知らせ♪

神戸市健康局健康企画課のインスタグラムキャンペーン『KOBE大学生食チャレンジ「3オンザライス」』に食物栄養学科の学生が挑戦しました🎵

その結果、3年生の玉田春佳さんが投稿した「焼売オンザライス」が「栄養バランス賞」を受賞しました❗❗

「3オンザライス」は3つの具材(主菜、副菜、生野菜)をご飯に載せるだけで簡単・栄養バランスの良いメニューを作り、Instagramに投稿するという方法で応募するキャンペーンです💡

対象は、神戸市内に在住または神戸市内の大学に通う大学生で、2月15日~3月16日の期間、応募が受け付けられました💡

 

🧡受賞者インタビュー🧡

『なぜこのキャンペーンに応募しようと思ったのですか❓』

献立を考えるのが比較的簡単で、以前からこのようなコンテストに応募したいと思っていたからです。

 

『このメニューを選んだ理由は❓』

焼売オンザライスにしようと思ったのは、焼売は誰もが好み、手に入れやすく、手作りではなく冷凍食品でも簡単に調理できるからです。

今回は全て手作りしましたが、冷凍食品、コンビニ食品を使用し簡単にアレンジできる献立にしました。

 

『焼売オンザライスのアピールポイントは何ですか❓』

アピールポイントは、焼売のお肉にしっかりと味をつけ、何もかけずに食べられるようにした点です。

また、副菜の温野菜は電子レンジで温めるのみと手間をかけていません。

 

『苦労したこと、大変だったことはありましたか❓』

大変だった点は、焼売を蒸し器からお皿に移すときに、皮と皮がひっつきそうになり取り出しにくかったことです。

 

『食べた感想を教えてください🍴』

焼売の皮はよく蒸し上がっていたのでもちっとして、中身のお肉はしっかりと味がついていたので、白ご飯との相性が良かったです。

また、冷蔵庫にたまたま入っていたトマトを入れたことで、彩りもよく、焼売とのバランスも良かったと思います。

 

『受賞した今の気持ち、今後の展望を教えてください💡』

まさかこのような賞を頂けるとは思っていなかったので嬉しいです。

献立を考えることは好きだったので、私の得意分野でこのような賞を頂け、自信がつきました。

また、この受賞をきっかけに、次はKOBE子育てレシピに挑戦したいと思っています。

これは神戸市が子育て世帯の市民に向けて安い・簡単・栄養バランスがいいレシピを動画にして配信するというものです。企業の商品とコラボして作ります。夏に1週間、Webサイトで公開されるので楽しみにしておいてください。

 

玉田さんありがとうございました。次の挑戦も楽しみですね。応援しています。

 

374f7d8274b34024869168e4af8975a8

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

【溝畑ゼミ】第37回兵庫県栄養改善研究発表会に参加しました

2020124日に兵庫県神戸市で開催されました第37回兵庫県栄養改善研究発表会で

溝畑ゼミ3人が発表を行いました。

 

 当日の発表テーマは下記の通りです。

 〇入院患者、女子学生におけるカルシウム摂取量

 〇栄養指導介入前後における栄養摂取量の推移

 

Photo_20210226143201

Photo_20210226143001

|

2020年6月19日 (金)

[人間科学部食物栄養学科]公益社団法人兵庫県栄養士会から奨励賞を受賞しました

P1020096

 2019年112日、第36 回「兵庫県栄養改善研究発表会」において、人間科学部 食物栄養学科の溝畑秀隆教授のゼミ生が「糖尿病患者における味覚閾値」について研究発表を行いました。発表内容は、市立川西病院に通院する糖尿病患者8名を対象に、5基本味質(甘味、塩味、酸味、うま味、苦味)10濃度の試薬を用いて春期、夏期に味覚調査した結果を分析するという取り組みです。疾患別、男女別、年齢別の味覚閾値の違いについて分析・比較した結果を報告しました。
この発表は県民の食生活改善推進のため優秀であると評価され、523日に開催された「公益社団法人兵庫県栄養士会総会」において、奨励賞を受賞しました。
 6
19日、発表した溝畑ゼミの学生らは待田学長に表彰の報告をいたしました。

|

2020年1月29日 (水)

フレイル予防クッキング

フレイル予防クッキング

日時:1124日(日)1330分~1600

場所:東灘区民センター料理教室

 

7名の学生(32人,25人)がフレイル予防クッキングのボランティア活動に参加しました.

フレイル予防クッキングは,高齢者の低栄養やフレイル予防に取り組んでいる,神戸市東灘区社会福祉協議会のボランティアグループ(食親同好会)が主催する料理講習会で,食物栄養学科の教員が講師を務めています.

参加した学生は,食親同好会からの要望に沿ってテーマを設定します.3名の教員がフォローしますが,学生が主体となって,献立作成と試作,当日の作業計画策定など,およそ1ヵ月半をかけて計画・実施・運営までの一連の流れを実践しました.

Dscn8850 Dscn8865 Dscn8871

今回のテーマは,「秋の食材を使った,エネルギーとたんぱく質がしっかり摂れる料理」です.

【フレイル予防クッキング11月のメニュー】

・ きのこの炊き込みご飯

・ 野菜の豚肉巻き

・ なすの梅肉ソースがけ

・ ゆずこしょう風味の牛乳みそ汁

・ フルーツ(りんごのヨーグルト添え)

料理教室の当日は,食親同好会のメンバーを含む30人を対象に,自己紹介,レシピの説明,担当グループに分かれての調理や片づけのサポート,喫食をしました.

Dscn8882 Dscn8889 

始めは緊張していた様子の学生も,喫食時にはすっかり参加者の皆さんと会話が弾むようになっていました.

参加者の年齢や調理経験・技術,教室の調理設備・器具,作業工程・所要時間,予算,食親同好会からの要望など,様々なことを考慮しなければならない献立作成に悪戦苦闘していましたが,自分たちが立てた献立を参加者の皆さんが調理し,それをサポートし,共に喫食し,その評価を肌で感じられる貴重な経験になりました.

Dscn8903

  

|

2019年11月 6日 (水)

【溝畑ゼミ】第36回兵庫県栄養改善研究発表会に参加しました

2019112日に兵庫県神戸市で開催されました第36回兵庫県栄養改善研究発表会で溝畑ゼミ3人が発表を行いました。

 

 当日の発表テーマは下記の通りです。

 〇糖尿病患者における味覚閾値

 1572827825242_20191106162601

P_20191102_164932

|

2019年11月 1日 (金)

東部市場の見学に行ってきました。

1123日(土・祝)に神戸市中央卸売市場の東部市場で、50周年イベント「開設50周年 東部市場フェスタ」が開催されます(https://kobe-east-market.jimdo.com/東部市場お買物デー/ )。

本学も食物栄養学科の2年生と3年生の有志が、市場に来る子供たちを対象に、「市場で売っている食べ物クイズ」という食育イベントで参加します。

 

10月末に、学生スタッフ6名と一緒にイベントの打ち合わせと東部市場の見学に行ってきました。

東部市場は、魚、野菜や果物、花きなどを扱っている神戸市の中央卸売市場です。最初に東部市場フェスタの展示における注意点などをお伺いし、当日の搬入や搬出等について相談しました。

次に、市場の仕組み、せりの方法、東部市場の役割や扱っている食品について説明していただきました。卸売り市場は初めて来たという学生も多かったのですが、担当の方がわかりやすく説明をしてくださいましたので、私たちの食環境を支える市場について、考えることができたようです。

その後、市場を実際に見学させていただきました。

 〇花き市場のせり場

No1

〇食品別の卸売市場:取り扱う食品によって、屋根の色が異なっています(水色:魚、赤:果物、緑:野菜)。

No2

-20℃の冷凍庫体験
No3

〇東部市場フェスタの会場の確認
No4

学生スタッフさん達も、東部市場フェスタに向けて、出展イメージができたようです。

 

学生スタッフさんの感想です。

「セリを直接は見れませんでしたが、セリが行われる場所に実際に立ってみたり、どのように行われるのか説明も聞くことができてとても貴重な経験ができました。

流通までにどのように保管されているのかも知り、私たちの手元に来るまで色んなプロの方が携わっているのだと改めて感じました。

場所の確認もして当日がとても楽しみです。

子供たちにも楽しんでもらえるように準備作業頑張りたいと思います。」

「市場に見学に行ったのは今回が初めてでした。

 

競りが行われる場所の見学であったり、市場のしくみを知ることができスーパー等に流通するまでに様々な工夫がされているのだなと分かりました。また食品、食材の保管場所(―15℃、-20℃の冷凍庫)に入らせていただくなど貴重な経験が出来ました。

見学をさせていただいたことでより当日が楽しみになりました。子どもたちが楽しんでもらえるイベントになるよう工夫し準備を進めていきたいです。」

 

東部市場の担当者の方には、丁寧にご対応いただき、感謝いたします。

 

|

«【溝畑ゼミ】第66回日本栄養改善学会学術総会に参加しました