2024年7月 8日 (月)

2024年神戸松蔭オープンキャンパス通信 ☆第1号☆

心理学専攻2年の奥西です。
623日に開催された第1回のオープンキャンパスについてご報告します。

足元が悪い中でしたが、多くの高校生の方やその保護者の方が来てくださいました。
今年度新たにお目見えした「手で重さを感じる」課題は、みなさんとても不思議だったようで驚きながら感想を共有していました。ぜひ来場して体験してみてください。

今回の模擬授業は山本先生による「社会的つながり-コロナ後の生き方を考える-」というものでした。
人とのつながりを持っている人は健康に生活することができるということ、そのようなつながりを育むためのスキルを養う「カウンセリング基礎演習」(1年生で履修できます)の授業内容についても触れられていました。
社会的つながりの大切さだけでなく、心理学科での学びともつながっているように感じました。

また、心理学科で履修できる科目や大学院進学のための道筋についても紹介しています。学科スタッフは様々な学年の人がいて、各学年で履修することができる授業の内容についても聞くことができます。さらに、大学院生もスタッフとして参加しているので、大学院進学を考えている方の参加も歓迎しています。

次回のオープンキャンパスでは、今回と異なる内容の授業が行われます。先生と学生で大学生活について対談をする時間もありますので、ぜひ721日のオープンキャンパスにもお越しください!

|

2024年7月 5日 (金)

心理学検定特1級の合格者にインタビュー!

先日も速報でお伝えしましたとおり、心理学科では心理学検定の受検を学科を挙げてサポートしています。
今回は、特に難関である特1級をゲットした大野千尋さんにインタビューしました。

. 合格おめでとうございます!心理学検定は大学卒業程度の心理学の知識がないと合格できず、10科目すべてで合格するのはとても大変だったと思いますが、どのように勉強しましたか?
. 『心理学検定〈基本ワード〉』と『心理学検定〈一問一答問題集〉AB』と『心理学検定〈公式問題集〉』の3つの教材を用い、何度も読み返したり過去問を何度も解いたりして勉強しました。
途中、自分が検定に合格できるかどうかと不安になってしまい、勉強へのやる気が遠のきそうになったのですが、心理学検定は自分が将来「公認心理師」と「臨床心理士」の資格を取得するための第一歩だ!という気持ちを思い出すことで、自分のモチベーションを維持してしました

Q.大学の授業でも役立つことはありましたか?
. 心理学検定のために勉強していた経験は、大学の学びにも役立ちました。例えば、心理学検定の教材に記載されていた専門用語を覚えた後、大学の講義で教わったときに、さらに理解が深まりました。

Q.今回の経験を今後どのように活かしていきたいですか?
A.私の将来の目標は、大学院に進み、公認心理師と臨床心理士の資格を取得することなので、心理学検定は資格取得の第一歩だと思います。
そのため、この後には大学院受験が待っており、更に後には公認心理師・臨床心理士の資格審査が待っています。ですので、自分の将来の目標に向かって、今回の努力を無駄にしないように頑張っていこうと思います。

Q.最後に、大野さんにとって「心理学」とは何ですか?
A.私にとって心理学とは、実際には目に見えない心について考えるために必要なもので、非常に魅力的な学問です。

 大学での心理学の学びを満喫しているようですね。改めて合格おめでとうございます!これからも目標に向けて突き進んでください。

20240614_110136_20240705131301

|

2024年6月26日 (水)

社会人のみなさまへ

Shoin_shinri_promotion_a4_240613

神戸松蔭の心理学科(学部)・心理学専攻(大学院)には、これまで多くの社会人学生の受入れ実績があります。みなさま個々に合った学びの方法をぜひ神戸松蔭で探してみてください。

社会人入学試験

社会人特別編入学試験

大学院入学試験

|

2024年6月20日 (木)

心理学検定の結果が公表されました

先日、心理学検定の結果が公表されました。

今回は、心理学科の受検者の約85%が合格を手にしました。うち過半数近くが、特1級もしくは1級合格者です!

 

心理学科では心理学検定と関心のある資格を取得すること(「心理学検定プラスワン」)を推奨しており、心理学検定の受検を学科を挙げてサポートしています。

(松蔭の皆さん、夏の学内受検申込の締め切りは6/28です!*詳しくはportalのメッセージを見てください。)

 

近々、合格者のインタビューをアップする予定です。お楽しみに。

|

2024年6月18日 (火)

オープンキャンパス通信 ☆予告編☆

6月23日(日)を皮切りに、夏のオープンキャンパスが始まります!
大学や授業の雰囲気がわかる体験や模擬授業を沢山用意しています。松蔭の先輩たちもスタッフとして参加していますので、大学生活で心配なこと等を相談することができますよ!

模擬授業のタイトルと予定は、以下の通りです。
6/23()社会的つながり-コロナ後の生き方を考える-(山本先生)
7/21()どうして私たちは会話で癒されるのだろう? (坂本先生)
  + 大学院進学説明会 同時開催 (詳しくは下記リンクを参照)
8/4(日)「笑う門には福来る」は本当か?(大和田先生)
8/25(日)多様な発達をみつめる:外国から来た子どものことばやこころの発達 (久津木先生)
  + スペシャルイベント「ジェンダー平等の実現に向けて~心理学ができること~」(土肥先生)

ぜひ、松蔭で学ぶ心理学を会場で体感してください。
また、721日の「大学院進学説明会」では
専攻のカリキュラムや入試制度の説明の後には、希望に応じて個別相談会や学内施設の見学にも対応いたします。カウンセラーの仕事や資格、大学院への進学に関心のある方はこのチャンスにぜひ足をお運びください。オンラインでの参加も可能です。
詳しくは67日の心理学科ブログ(下記リンク)をご覧ください。
http://kobe-shoin.cocolog-nifty.com/p/2024/06/post-f7b287.html

みなさんと松蔭のキャンパスでお会いできるのを楽しみにしています♪
https://www.shoin.ac.jp/plus_s/opencampus/

|

2024年6月 7日 (金)

大学院心理学専攻進学説明会を開催します!

Shoin_shinri_setsumeikai_a4_240531

神戸松蔭大学大学院(20254月名称変更)心理学専攻進学説明会を下記のとおり開催します。

本学心理学専攻は、公認心理師と臨床心理士の両資格に対応した設立当初より男女共学の大学院です。
説明会では、専攻のカリキュラムや研究内容、大学院入試の詳細や加点制度などについて説明を行います。その後、個別相談の時間も設けています。
大学院進学を考えている大学生の方、社会人の方、ぜひご参加ください。

■日時:2024721日(日)14:0015:30
■場所:本学5号館2階(zoomによる中継もあります)
■申込方法
こちらの申し込みフォームよりご入力ください
■申込締切:7/19()正午まで
■お問い合わせ
メール:psychol@shoin.ac.jp(心理学科・大学院共同研究室)
電話:078-882-6122 (大学代表)
■参考資料
心理学専攻のページ
大学院入学試験概要のページ

当日に参加が叶わない方も、教職員が個別に相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。

|

2024年5月16日 (木)

ゼミ紹介〜小松ゼミ〜

こんにちは!小松ゼミ4年生の橘です。
今回は私が所属している「小松ゼミ」について紹介します。現在どのゼミに入ろうか悩んでいる人がこの記事を読んで、小松ゼミに入りたいと思ってくれると嬉しいです!

初めに小松ゼミの特徴、現在4年生である人達がそれぞれ何を研究しているのかを紹介します!
ゼミは2年間同じメンバーで一緒に学びます。ゼミの特徴として、発表機会が他のゼミよりも多いと思います。「大変だな」と思うかもしれませんが、自分が興味あるテーマについてとことん調べることができたり、その分みんなと意見共有をする機会がたくさんあります!
小松先生は臨床心理学、特に精神分析的心理療法(対人関係精神分析)を専門としています。つまり、「小松ゼミでは精神分析的心理療法に関する研究テーマじゃないとダメなの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!
小松ゼミでは、自分自身の関心のあるテーマについて調べることができ、卒業研究のテーマにすることができます!
実際、現在4年生であるゼミ生のテーマは、自我体験について、対人魅力について、若者の車離れについてなど様々なテーマがありそれぞれ小松先生やゼミ生のみんなと意見共有をしながら、自身のテーマについて研究しています!

次に、小松ゼミの4年生メンバーに小松先生の印象、ゼミの印象について伺いました!
・先生は博識で議論になると熱くなるけど、のほほんとしているところもある
・臨床を専門とする先生だからこそ「話をきく」ということを大切にされている
・ゼミ生一人一人それぞれにある学びたい・知りたいっていう気持ちに寄り添ってくれる
・学生が「何に興味を持っていて、どんなことをやりたいのか」を見つけるまでじっくり待ってくれる
・自身が興味を持っている分野について先生が語ってくれて、そこからヒントを得て卒業研究のテーマに繋がった!
・論文を読みまとめて発表をするため、どこが重要で伝えるべきかなど、情報をまとめて伝える力がつけられる

自分自身の関心のあるテーマについて周りからの刺激を受けながら研究できるのが小松ゼミです!!
この記事を読んで興味がわいた方はぜひ小松ゼミへ!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

|

2024年4月15日 (月)

ご入学おめでとうございます

今年もまた新入生を迎え新しい年度のスタートをきることとなりました。

新入生の皆さんにとっては希望と不安でいっぱいの新生活かとおもいますが、心理学科・心理学専攻は皆さんの大学生活を全力でサポートします。

長いようで短い大学生活・大学院生活、今できることに一つひとつ取り組み、4年後・2年後の成長につなげましょう。

どうぞめいっぱい学び、かけがえのない何かをつかみとってください.


4/4(木)には心理学科の新入生オリエンテーションが行なわれました。

学科の説明や、学科ピアで活動する上級生が手伝いに参加して相談しながら時間割りの作成を行いました。

20240404_151336

 

 

|

2024年4月 3日 (水)

2023年度各種表彰が行われました

心理学科では、学生たちの努力をを讃えるために多様な表彰制度を設けています。
20243月の卒業式および在学生オリエンテーション時に、受賞者の表彰が行われました。

「資格賞」では3名の学生を表彰しました。「資格賞」は在学中、資格の取得に励んだ4年生を表彰するものです。心理学検定特1級などに加えて、自分の将来につながるさまざまな資格取得に励まれました。

1_20240403134301

「課外活動賞」は、学内外のボランティアなどさまざまな活動に励んだ学生を年度ごとに表彰するもので、3名の学生に個人活動賞、7名の学生に班活動賞が授与されました。いずれも学科ピア活動や学外のボランティア活動など積極的に取り組んだことが評価されました。

2_20240403134301

また「卒論発表賞」は、25日に行われた心理学科卒論発表会で、教員と学生による投票の結果、選出された発表者を表彰するものです。受賞した論文タイトルをご紹介します。 

<口頭発表>
・卒論優秀発表賞
「同性愛者に対する社会的受容感と個人的受容感に影響を及ぼす要因」

3_20240403134301

・学生特別賞
「恐怖刺激における音源の効果について」
・インパクト賞
 「マスク顔と素顔との印象の違いに関する研究」 

<ポスター発表>
・最優秀ポスター発表賞
「大学生の安楽死への態度とその関連要因」

4_20240403134401

みなさん、おめでとうございます!

|

2024年3月28日 (木)

2024年神戸松蔭オープンキャンパス通信 ☆春号☆

心理学科2年の阿部です。323日のオープンキャンパスについて、ご報告します。

神戸松蔭女子学院大学が2025年度から共学化されると発表された後、初のオープンキャンパスが開催されました。心理学科のブースには10名を超える高校生と、その保護者の方が来てくださいました。あいにくの雨でしたがたくさんの方が来てくださり嬉しかったです。

今回の模擬授業は小松先生による無意識の心理学というものでした。内省や他者からの指摘や心理検査やカウンセリングをすることにより、自分の無意識の一部を知ることができると学びました。自分の無意識を知る事は大事だと思いました。

学科ブースでは、心理学科の学びが紹介されています。多くの方が学科の学びに関する掲示物を熱心に見ておられました。高校生だけでなく、付き添いの方も「心理学って面白いね」、「心理学の勉強したくなってきた」とおっしゃっていたことが印象的でした。

心理学といえばカウンセリングや心理テストというイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。ぜひ神戸松蔭のオープンキャンパスに来て感じたり体験したりしてください。次回のオープンキャンパスは6月23日の予定です。皆さんのご参加お待ちしております。

|

«2023年度修士論文公聴会