« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

「被害者支援の心理学」でゲスト・スピーカーを招聘しました

「被害者支援の心理学」の授業では、殺人や性暴力、DVなどさまざまな犯罪被害における心理的問題とその支援について学んでいます。被害者に対する支援を考える際に重要なことは、まず被害者が置かれている現状や被害者の心情を知ることです。この授業では毎年、実際に事件や事故の被害に遭われた当事者の方をゲスト・スピーカーとしてお招きし、被害の体験についてお話しいただいています。

1023日(金)の授業では、殺人事件の被害者遺族である坂口真弓さんに「被害の体験を聴く」というテーマでご講演いただきました。坂口さんの弟は、15年前、車の運転をめぐるトラブルから未成年者が運転する車でひき殺されました。

事件から15年経った今でも事件現場を車で通ることはできないといい、「大切な人を失った心の傷は一生消えることはない。人の心に寄り添える支援者になってほしい」と訴えました。以下に、受講した学生の感想を一部ご紹介します。

20151030       坂口さんとひょうご被害者支援センター事務局長


・『実際に犯罪の被害に遭われた方からお話を聞くことができて、とても貴重な経験となりました。“記憶は消すことができない”この言葉が印象的でした。時間は元に戻すことはできないし、今ある瞬間がとても大切なのだと感じました。』

・『“事件前には決して戻れない”という言葉が心に残りました。どんなにケアをしても、大切な人を失ったという心の傷は消えることはない。その傷を背負いながら生きていくしかないと思うと、大切な人を失った苦しみというのは壮絶なものだということがひしひしと伝わってきました。』

・『社会の対応への怒りは、どうしたら伝わるのだろうとお話を聞きながら考えた。実際に被害者にならないと分からない痛みや辛さが、目に見えること見えないことでもたくさんあると思う。それを伝えていく手助けができればいいなと感じた。』

・『一番心に響いたのは“悲しみにランク付けなんてできない”という言葉です。今日の話を聞いていなかったら、子どもを亡くした親が一番つらいだろうとか、人によって辛さの感じ方は違うのに勝手に判断してしまっていたと思います。姉と弟の関係には、そこにしかない絆があり、思い出があります。坂口さんと同じ姉の立場として、この言葉がものすごく心に刺さりました。』

20151030_2

教科書だけでは伝わらない、多くのことを学び考えた1時間でした。
(本学教員:大和田 攝子)

|

2015年10月23日 (金)

国家資格「公認心理師」への本学の対応について

201599日、公認心理師法案が国会で可決されたことにより、2017年から心理職の国家資格である「公認心理師」が誕生します。
本学の人間科学部
心理学科および大学院文学研究科心理学専攻(臨床心理学コース)では、質の高い公認心理師を養成するためのカリキュラムを準備しています。
公認心理師として教育・医療・福祉・司法領域などで働きたいという夢が実現できるよう、神戸松蔭女子学院大学は資格取得に向けた教育体制をさらに充実させてまいります。

|

2015年10月19日 (月)

私と心理学

心理学を学びながら日々成長している学生の声を紹介します。

4年生の北村です。
私が心理学を学ぼうと思ったのは、高校生のときに読んだ『こころの処方箋』(河合隼雄著, 1998)という本がきっかけです。自分自身のことや進路について悩んでいたときに、この本を読んで少し気持ちが楽になり、大学では心理学を専攻しようと決めました。心理学の魅力は、専門性の高い分野から日常生活に役立つ分野まで、学んだことを広く生かせるところにあると思います。
授業を受けていると、今までの自分にはなかった考え方について学ぶことができます。私にとっての心理学は、物事のとらえ方に「こうあるべき」という決まりはなくいろいろな見方ができる、ということを考えさせてくれる学問です。人の考え方やあり方に正解・不正解はないと学ぶことで、自分自身を大切にすることができるようになり、また、物事をいろいろな角度から見ることができるようになったと感じています。

|

2015年10月14日 (水)

臨床心理士のためのブラッシュアップ研修会

先日の日曜日は臨床心理士資格審査(一次試験)でした。今回受験した大学院修了生のみなさんは力を発揮できたでしょうか。

2004年4月に心理学専攻が開設してから臨床心理学コースは100人近い修了生を送り出してきました。(心理学コース修了生も合わせると100人を超えました)。その多くのみなさんが現在臨床心理士として活躍しています。
今夏、そのような臨床心理士のみなさんを対象とした「ブラッシュアップ研修会」が神戸松蔭こころのケア・センター主催で行われました。
その時の様子をケア・センターブログで紹介しています。
コチラ

東先生、三木先生、寺井先生、ありがとうございました!!!
修了生のみなさん、これからもご活躍を!!!
そして、今回参加された方も、参加できなかった方も、次の機会にまたお目にかかりましょう

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »