« 学生のみなさんへ | トップページ | 2018年神戸松蔭オープンキャンパス通信☆第3号☆ »

2018年7月18日 (水)

2018年神戸松蔭オープンキャンパス通信☆第2号☆

大学院心理学専攻2年の橋本です。
2018年オープンキャンパス第2回目の報告です。

2回目は、715日(日)。天気は快晴
この日はとても天気が良く、とっても暑い中、たくさんの方々に来ていただき、とても嬉しかったです。

心理学科の榊原先生による模擬授業は次のような内容でした。
「『泥棒』と心理学」
180718
人の心を考えることは日常で誰もがしていることですが、時に考えすぎることや、悪い方へ思い込んでしまい過ぎることがあります。それで辛くなってしまうんではなく、考えすぎてしまうことを“一時停止”することも大切なのではないかという内容で、そのために必要なことを絵本の紹介を交えて考える授業でした。

展示教室では、学科の学びを紹介しています。また、心理テストを4つ用意しており、心理学を体験できるコーナーも設けています。
今回は「原子価テスト」について紹介します。
このテストは人と関係を築くときにどんなつながり方をするのか、自分の得意な人とのつながり方を知ることができます!一緒にオープンキャンパスに来た友達との相性などもわかっちゃうかもしれません!!
今回も「当たってるわー!?」という声がたくさんあがっていました
よかったらぜひ一度体験してみてください。

人の心のこと、または自分の心の中に興味がある方は、ぜひオープンキャンパスの心理学科の教室や模擬授業に参加してみてください。
絶対に新しい発見をしていただけると思います!!

|

« 学生のみなさんへ | トップページ | 2018年神戸松蔭オープンキャンパス通信☆第3号☆ »

イベント」カテゴリの記事