« 坂本教授が講演会を実施、大和田教授が兵庫県警での講習を担当されました | トップページ | 西日本豪雨災害被災地への募金活動のご報告 »

2019年3月 7日 (木)

2018年度修士論文公聴会

218日(月)の9時から12時に、大学院心理学専攻修士論文公聴会を行いました。12名の大学院生が懸命に取り組んできた研究の成果を発表しました。専攻代表から、今後今以上の緊張を体験することはないかもしれないのでしっかり味わうようにとの激励の言葉をいただき、公聴会はスタートしました。
まず、各自8分間で、それぞれの研究内容についてプレゼンテーションを行いました。

190307_5

その後教室を移動し、ポスター発表形式で質疑・応答が行われました。最後の力を振り絞り、教員や先輩・後輩からの質問に懸命に答えようとする発表者の姿が印象的でありました。

190307_6

最後に、コース代表から、各自の労を労い今後の活躍を期待するとのあたたかい言葉をいただき今年度の公聴会を終えました。
学生生活を終えようとしている、そして、研究者、臨床家として一歩を踏み出した発表者のみなさん、お疲れさまでした!がんばろう!!
準備や進行をしてくれた修士1年生のみなさん、出席してくださったみなさん、ありがとうございました。

修士論文の題目は以下の通りです。
・青年期の自我同一性の獲得に恋愛と親子関係が及ぼす影響
・学校適応の多様性 -原子価論に基づく実証的研究-
・性的マイノリティへの寛容度 -コンテイナー/コンテインドモデルに基づく実証的研究-
・リ・メンバリングによるソーシャル・サポート知覚の強化に関する研究
・就寝前の筆記行動が幸福感におよぼす影響について
・なぜいじめは相談しにくいのか -連結理論に基づく実証的研究-
・女子青年が捉える両親の夫婦葛藤と不安に関する研究 -自己分化の観点から-
・自閉症の早期発見を目的とした運動・姿勢・聴覚によるスクリーニングの可能性に関する研究
・直接的コンプリメントと間接的コンプリメントの効果の違いに関する実験的研究
・統合失調症の親をもつ子どもの自尊感情の育まれ方に関する質的研究 -成人の語りから-
・青年期前期の子どもたちが悩みを乗り越える過程の考察 -アタッチメント・スタイルの視点から-
・保育現場における臨床心理的視点の有用性に関する研究 -保育士と心理相談員の協働がもたらす「人間関係」保育者効力感の変容について-

190307_4

学長ブログも見てね
→「修士論文公聴会」(2019.03.02.)

|

« 坂本教授が講演会を実施、大和田教授が兵庫県警での講習を担当されました | トップページ | 西日本豪雨災害被災地への募金活動のご報告 »