« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年8月の投稿

2021年8月21日 (土)

この状況だからこそ信頼できる情報を

 新型コロナウイルスの新規陽性者数が増加し続けていることから、本学の位置する兵庫県が820日に緊急事態宣言の実施区域となりました。大学生を含む若い世代の感染者の割合が増加しています。これまで続けてきた感染防止行動の徹底はもちろんですが、学生の皆さんにワクチン接種への積極的な参加をお願いします。

 神戸松蔭女子学院大学では多くの学生が、神戸大学の協力を得て職域接種を受けています。また、地方自治体などでワクチン接種を受けた学生もいます。とはいえ、未接種の学生も少なからずいるようです。ワクチン接種を避けるべき既往歴を持つ人や、職域接種の日程がうまく合わず地方自治体による接種の予約も取れなかった人はもちん仕方ないのですが、ワクチン接種に対する根拠のない思い込みや不安によって避けている人がいるのは気になります。

 言うまでもないことですが、人類の歴史は感染症との戦いの歴史でした。今の若い人たちは感染症によって死ぬということを身近に感じることなく成長してきたと思います。しかし、こういう時代になったのは日本など医療体制の整備された国であっても、ここ数十年の事に過ぎません。感染症が大きな脅威で無くなった理由の一つが、様々な感染症に対するワクチン接種の普及であることは明らかです。例えば、長い間人類に脅威を与えていたウイルス疾患である天然痘は、ワクチン接種により世界的に根絶されました。

 新型コロナウイルスワクチンはこれまでのワクチンに比べて短期間で開発されました。しかし、ファイザー製にしてもモデルナ製にしても、世界中ですでに億を超える回数の接種が行われて有効性と危険性が検証され、危険性を大きく上回る有効性があることが明らかになっています。薬の服用を含めてすべての医療行為にはリスクがありますが、医療の発展によって歴史上かってないほど健康で長寿な社会となっていることもまた事実です。

 リスクは人によって異なりますので最終的には個々人が判断しなければなりませんが、断片的な情報に惑わされないでください。自身の病歴や体質からワクチン接種が不安な人は、地方自治体などが発信した信頼できる情報を参照するとともに、医療機関に相談した上で判断していただければと思います。

|

« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »